ガソリン 代 計算。 社員が車で出勤、移動する場合のガソリン代の計算方法

給与計算について1.車やバイク通勤の交通費の出し方ガソリン代支給...

ガソリン 代 計算

通勤手当支給時のキャッシュアウト額が多くなる• 管理が煩雑になりやすい• 算定基礎届などで1ヵ月あたりに割り戻す作業が必要 (システムによっては自動計算) 企業が金額的に損を多少しても、管理のしやすさ・分かりやすさから毎月1ヵ月分を支給することが一番楽なことは間違いありません。 ただし前記のとおり通勤手当は企業が自由に決められますから、費用を抑えたいのであれば「6ヵ月定期代を6で割った金額を毎月支給する」というルールにすることも可能です。 一方マイカー通勤は定期代のように統一した金額基準がないため、企業ごとのルールを決める必要が出てきます。 マイカー通勤時の手当計算方法 ガソリン代計算の難しさ マイカー通勤時はガソリン代相当を通勤手当で支給することになりますが、マイカー通勤は公共交通機関利用の場合と違った難しさがあります。 まず第一に、 車種によって燃費が異なるということです。 (そして同じ車でも通る道の条件や運転の仕方でも燃費は大きく変わります) 次に、 ガソリン代自体が大きく変動するということです。 もちろんガソリン単価が急に上下するわけではありませんが、1~2年すればガソリン単価が以前と全く違ってしまうということも普通にあります。 これらの前提をもとに、どのような計算方法で着地させるのかがポイントです。 手当計算の考え方 計算式 ガソリン代として通勤手当を計算する場合、次の計算式が基本となります。 1kmあたりのガソリン単価を算出するためにはまず自動車の燃費=1Lあたり何km走るかを決めなければいけません。 (カタログ値や実測値の問題は考えないこととします) 燃費の決定 スポーツカーや高級セダンであれば1Lあたり10kmを下回る車も多くなります。 一方、コンパクトカーであれば15~20kmで走ることもありますが、市街地だと10km台前半ということにもなるでしょう。 従業員の車種にもよりますが、どの燃費なら一般的と言えるのか答えがないため非常に難しい問題です。 従業員の実費負担が出ないように配慮するのであれば、燃費は悪い前提で計算してガソリン代を多少多めに支給する方が良いと考えます。 1Lあたりのガソリン代 ここは経済産業省・資源エネルギー庁で小売価格の調査を定期的に発表しているので、こちらを参考にすると良いでしょう。 1kmあたりのガソリン単価 ここでは仮に次の前提のもとで1kmあたりのガソリン単価を算出してみます。 燃費…1Lあたり10km• ガソリン代…1Lあたり140円• 25日(月間平均所定日数) 21. 下図がマイカー通勤の場合の非課税枠です。 片道km数(以上~未満) 非課税上限額(1ヵ月あたり) ~2km 全額非課税 2km~10km 4,200円 10km~15km 7,100円 15km~25km 12,900円 25km~35km 18,700円 35km~45km 24,400円 前記の例では片道15km、1月あたり8,925円の通勤手当でした。 15km以上の場合の非課税額は12,900円なので、この場合は8,925円全額が非課税扱いとなります。 企業によっては「非課税限度額」を支給上限にしていることもありますが、これも一つの考え方です。 MEMO公共交通機関の場合は、1ヵ月あたり150,000円までの通勤手当が非課税となります。 特急料金なども原則非課税扱いですが、グリーン車は含まれません。 その他注意点 マイカー通勤は私用で使う自動車を通勤に使うわけですから、私用部分との兼ね合いが必要になります。 細かい割合を算出して費用を手当に加算することは現実的ではありませんから、通勤手当には次の費用相当も含まれることを盛り込んでおいた方が良いでしょう。 タイヤ等の消耗品費• 保険料等の費用 等 前記の計算過程で燃費を仮に10kmとしましたが、この燃費が良い数字になればなるほど通勤手当額は減ります。 ですから消耗品費なども含まれているということで納得感を出すためには、実際のガソリン代よりも通勤手当が多少多めに設定した方が良いと言えます。 同様に1Lあたりのガソリン単価の見直しも半年に1回など、定期見直しをしましょう。 まとめ.

次の

マイカー通勤者にいくら払う?ガソリン代の計算に必要となる4つの項目と計算例

ガソリン 代 計算

「ガソリン代」は旅費交通費?車両費? ガソリン代を経費精算するとき、必ずこの勘定科目にしなければいけない、というものはありません。 その理由は、車の使用頻度や使用目的によってガソリンの金額に差が生じ、税法上や経理の観点からも選ぶべき勘定科目が異なるからです。 一般的には 「旅費交通費」「燃料費」「車両費」「車両関係費」の中から選択することが多いでしょう。 車の使用頻度でも決まる「ガソリン代」の勘定科目 ガソリン代の経費精算では、通例から大きく外れないものであれば、どの勘定科目を使っても問題ありません。 それでは、どのように勘定科目を決めるべきでしょうか。 実際にどの勘定科目が使われているか、ケース別に見ていきましょう。 車を営業や出張等で頻繁に使う会社は「旅費交通費」「燃料費」 業務上、車の使用が欠かせない会社は、 旅費交通費、燃料費の勘定科目に振り分けるのがおすすめです。 また、頻繁に車を使う会社は、車両に関する経費が多額になることもあるでしょう。 その場合、費用の内訳をわかりやすくすることも考慮しましょう。 例えば、ガソリン代を「旅費交通費」、車両の維持や管理に使う費用などを「車両費」と勘定科目を分けて管理するのです。 車の使用頻度がそこそこの会社は「車両費」 車を業務で使う頻度がそこまで高くないという会社は、 車両費に振り分けることをおすすめします。 ガソリン代の他、シーズンタイヤの交換費用、車検費用なども 車両費へ計上すると、車関係の費用を容易に把握でき、翌年以降の予算管理などに役立つでしょう。 車をあまり使わない会社は「消耗品費」 車に関する「車両費」などの勘定科目を作っておらず、業務上の使用頻度が低い会社は、 消耗品費に振り分けることもできます。 ガソリン代を通勤手当として支給する会社は「旅費交通費」 従業員の「通勤手当」としてガソリン代を支給している会社は、 旅費交通費を使うと便利です。 非課税枠を使えるので、会社と従業員の双方にメリットが生まれます。 通勤手当における非課税限度額の詳細は、以下の国税庁のサイトをお読みください。 ガソリン代の交通費精算で気をつけたい2つのポイント 前述の通りガソリン代の経費精算には、どの勘定科目を使っても問題ありません。 しかし以下の2点には注意しましょう。 勘定科目は継続して使うことを意識しよう ガソリン代の勘定科目に絶対的なものはありませんが、適切でわかりやすい会計処理のためには、一度決めた勘定科目は使い続けるべきです。 たとえば、年度の途中から車両の使用頻度が変わり、ガソリン代の勘定科目を途中で変えたとしましょう。 決算期に年間のガソリン代使用料を確認しようとした時、一つの勘定科目を見ても年間のガソリン代がわからないと大変困ります。 あらかじめ決算書の作成を意識し、ガソリン代の勘定科目は、一度決めたものを継続して使うといいでしょう。 「ガソリン代」と「軽油代」の違いにも注意! 業務で使う車の燃料が「ガソリン」なのか「軽油」なのかという点でも注意が必要です。 ガソリン代にかかる「ガソリン税」は、消費税課税対象ですが、軽油にかかる1リットルあたり32円10銭 2019年6月24日現在 の「」は不課税です。 ガソリンと軽油を同様の消費税率で計算してしまうと、消費税の過少申告となり、場合によっては税務調査で指摘され、面倒な申告修正が発生する恐れもあります。 軽油を使っている場合は、年次決算時に軽油にかかった金額を集計し、「不課税」へ振替えることをおすすめします。 また可能であれば、先に勘定科目を分ける方法がおすすめです。 例えば、ガソリンは「旅費交通費」、軽油は「燃料費」といったふうに勘定科目を分けて記帳するといいでしょう。 「経費精算システム」の導入でガソリン代の精算をシンプルに 日々の業務に車の使用が欠かせない会社がある一方で、週に1~2回程度という会社や、業務でほとんど車を使わない会社もあります。 どの勘定科目を使用するかは使用頻度によって違い、経費精算は非常に面倒です。 そこで経費精算システムを導入して、厄介なガソリン代の交通費計算をわかりやすく改善することをおすすめします。 イージーソフトのeKeihiなら「ガソリン代」の交通費精算も自動計算で簡単 ガソリンの単価を自動計算! 経費精算システムの「eKeihi」を導入すれば、車の移動距離を入力すると、あらかじめ登録された距離単価とかけあわせ、燃料費を自動算出できます。 精算時の計算ミスを防げるだけではなく、精算の手間も大幅に省けます。 さらに、車の排気量に合わせた単価設定や、精算日ごとの単価設定などにも対応しています。 初期費用は無料・月額1人あたり580円から 「eKeihi」は、初期費用と月額使用料の設定が大変お得です。 インストールなどの難しい作業が必要ない「クラウドサービス」の基本サービスパックなら、 初期費用は無料です。 また、50ライセンス(50人分)で 月額29,000円(1人あたり580円)から利用できます。 初期の導入サポートと継続サポート体制も充実 充実したサポート体制も魅力です。 システム導入に関するご相談は、お問合せ履歴の参照などができるお客様専用画面からのお問合せのほか、お電話、メール、FAXをご用意した窓口にて、回数制限なく丁寧に承ります。 そのほかに、対面での導入支援もあるので、スマホアプリに慣れない方へのサポートも万全です。 経費精算システムはイージーソフトの「eKeihi」 豊富な導入実績 経理の知識がなくても、簡単に経費精算できる「eKeihi」は、一般の大手企業だけでなく、金融機関、学校、各種団体、特殊法人など、2,200社570,000ユーザーを超える導入実績があります。 安心安全なセキュリティ・改ざんも未然に防ぐ 「eKeihi」は、低コストで気軽に導入できる「クラウドサービス」と、お客様管理のサーバにインストールする「オンプレミス」をご用意しています。 このうち「クラウドサービス」では、世界トップレベルのセキュリティを誇る、「Microsoft Azure」を採用。 通信の暗号化やバックアップ体制ももちろん万全。 安心してご利用いただけます。 また、インターネットへのアクセスが禁止された環境でのご利用時には、「オンプレミス」を選択できることもポイントです。 機能面では、一度精算書を提出すると、金額などの重要項目を完全にロックして改ざんなどを防ぎ、データを確実に保全します。 電子帳簿保存法にも完全準拠しているので、領収書の電子化も安全・確実に行うことができます。 オプション豊富で拡張性も高い さらに設定の変更のみで、お客様のご希望どおりの要件を実現できる「拡張性の高さ」も人気です。 簿記や経費精算の知識があるスタッフによるサポートも手厚く、導入時の「わからない」も速やかに解決します。 「eKeihi」のお問合せはイージーソフトまで、お気軽にご相談ください!•

次の

ガソリン代の仕訳【家事按分してる場合やレシートの取り扱い方法】

ガソリン 代 計算

交通費精算におけるガソリン代の基本的な考え方 本項目では、交通費精算におけるガソリン代の基本的な考え方について解説します。 1-1. ガソリン代は走行距離に応じて支払う企業が一般的 そもそも交通費精算とは、企業活動をおこなった際に従業員が支払った電車代やバス代などの交通費を自社に請求することをさします。 ここでいう企業活動の範囲は、あらかじめ就業規則で定められていることが一般的であるため、企業によって異なります。 そしてガソリン代も上記の公共交通機関における交通費精算と同様に扱われます。 出張や打ち合わせのために自家用車で移動した場合もガソリン代を精算することができます。 しかし、ガソリン代の交通費精算をおこなう際に多くの人が疑問に思うことは、「公共交通機関の運賃と異なり、変動料金制であるガソリン代は何の数値を基準に精算されるのか」ということではないのでしょうか。 ガソリン代の交通費精算において、 走行距離に応じてガソリン代を支給する方法を採用している企業が一般的です。 ガソリン代は車の燃費や社会情勢によって変動するため、従業員にとって大きな不利益がないように設定することが求められます。 1-2. 社用車のガソリン代は全額経費とするのが一般的 社用車を使う場合は、打ち合わせや顧客先への訪問といった企業活動での移動であることが前提のため、ガソリン代は全額経費として精算できます。 従業員が給油をおこなった際は、領収書やレシートを提出させ、その分のガソリン代を支給します。 また、社用車の利用が多い企業では、会社名義の給油用クレジットカードを準備し、従業員へ付与している場合があります。 1-3. 通勤のためのガソリン代には上限金額を設けている企業もある 出張や打ち合わせの際に使用したガソリン代は、基本的には自社に請求することが可能です。 ただ、企業が従業員に対して通勤交通費を支払う法的な義務はないため、通勤にかかったガソリン代を支給しない企業や、上限金額を設けている企業もあります。 ガソリン代を請求できる限度額は、企業によって異なり、上限金額を設けている場合は国税庁が設定する通勤手当の非課税限度額を基準としているケースも多いでしょう。 自家用車で通勤している場合の非課税限度額は、通勤距離によって異なります。 たとえば、2〜10kmの場合は4,200円、10〜15kmの場合は7,100円、55km以上の場合は31,600円であるため、この金額をガソリン代の上限としているケースも多くあります。 交通費精算のガソリン代を簡単に計算する方法とは ガソリン代だけではなく、交通費精算の方法は、企業の就業規則にあらかじめ記載しておくことが大切です。 ガソリン代の交通費精算に関して就業規則で定める際は、走行距離1キロあたりに支給するガソリン代や、通勤にかかるガソリン代の上限金額などを細かく設定しておきましょう。 従業員は、自社で定められている就業規則の内容に基づいてガソリン代を請求します。 電車代やバス代といった公共交通機関の運賃とは異なり、ガソリン代は変動料金制であることから、精算が複雑になりがちです。 経理担当者は就業規則の内容と相違がないように確認することが求められます。 2-1. 経費精算システムでガソリン代の計算を簡単に 経費精算システムは、企業活動の際に発生した交通費や経費などの申請から承認までを一貫してパソコンやスマートフォンから対応することが可能になります。 従業員側は入力工数削減を、経理担当者側は、申請内容の仕訳工数がそれぞれ削減されることが期待できます。 また、経費精算システム内に登録された従業員情報の住所項目をもとに、通勤の際にかかるガソリン代などを自動計算によって算出されるため、毎月の申請承認業務をおこなう必要がなくなります。 経費精算システムを提供している多くの企業では、導入前の無料トライアル期間を設けているため、一度お試しされるのはいかがでしょうか。 ガソリン代の交通費精算ルールを再確認してミスを減らそう 今回は、ガソリン代の交通費精算における基本的な考え方をご紹介しました。 走行距離に応じてガソリン代を支払う企業や、通勤にかかるガソリン代に上限金額を設けている企業も多くあるなど、精算のルールは企業が設けている就業規則によって異なります。 まずは自社の就業規則を確認し、精算に際してミスがないように対応しましょう。

次の