モバイル suica ポイント。 SuicaとモバイルSuicaの違いとは?併用できるか移行するのか?

モバイルSuicaチャージでポイント付与されるクレジットカード

モバイル suica ポイント

いまや、交通機関やコンビニなど、これ1枚あれば日本全国どこでも困らないという全国区の電子マネーになったSuica。 おサイフケータイに加えて、Apple Payのサービス開始によってiPhoneでも使えるようになり、ますます便利になっている。 しかし、そんな便利なSuicaなのに、「なぜかポイントが貯まらない」という声を聞くことが多い。 そこで今回は、Suicaの利用で貯まるJR東日本共通のポイントサービス「JRE POINT」についての総まとめをしておきたいと思う。 Suicaをお得に活用する方法も紹介していくので、ぜひ参考にして欲しい。 JRE POINTについての総まとめとSuicaのお得な活用法 JRE POINT WEBサイトについて JRE POINT WEBサイトとは Suicaを使ってポイントを貯めるためには、JR東日本の「」に会員登録をしておく必要がある。 登録は、パソコンからでもスマートフォンからでも無料で行うことができる。 会員登録をしたら、持っているSuicaのID番号を登録しよう(SuicaのID番号は、をチェック)。 JR東日本の在来線を乗車やポイント加盟店で買い物などで、JRE POINTは貯まる。 JRE POINTは、電子マネーSuicaの利用ポイントというよりも、JRE POINT WEBサイトの会員ポイントと捉えた方がわかりやすいかもしれない。 Suicaを持っていても、JRE POINT WEBサイトに登録しなければ1ポイントもポイントは貯まらないので要注意!会員登録は無料で行えるので、Suicaを使うなら必ず登録しておこう。 登録できるSuicaの種類 JRE POINT WEBサイトに登録できるSuicaは、記名式のみ。 無記名式で発行したSuicaは登録できない。 例えば東京駅開業100周年記念Suicaなどの記念Suicaも無記名式で発行されるので、JRE POINT WEBサイトに登録することはできない(自分が持っているSuicaが記名式・無記名式かわからない場合は、で解説しているので、チェックしてほしい)。 その反面、同一名義なら複数枚のSuicaの登録も可能! それぞれのSuicaで付与されるポイントを同一口座に貯められるのは、とても便利だ。 ただし、モバイルSuicaの登録は1台のみとなっている。 JRE POINTの貯め方 JRE POINTが貯まる店舗で、Suicaを利用して買い物をする Suicaで残念なところは、JRE POINT WEBサイトに登録してSuicaの利用をしても、必ずポイントが貯まるというわけではないこと。 ポイント加盟店は意外と少なく、しかもその多くが駅ナカやJR東日本関連の店や企業だ。 JRE POINTが貯まる場所の一例(駅ナカ) 区分 ポイントが貯まるお店など 駅ナカ• NEWDAYS• KIOSK• acure 飲食店• いろり庵きらく• 駅そば• メトロポリタンホテルズ• ホテルメッツ• JEXER (2020年05月時点) 右の「Suica登録して貯まる」黄色いステッカーが目印だ。 公式サイトに紹介しているお店以外にも、「Suica登録して貯まる」黄色いステッカーがあればJRE POINTが貯まる。 コインロッカーも、このステッカーがついていればJRE POINTが貯まる。 JR東日本では「街ナカ」と呼んでいる駅ナカ以外でも、JRE POINTが貯まるお店は徐々に広がっている。 JRE POINTが貯まる場所(街ナカ) 業種 ポイントが貯まるお店など 飲食店• デニーズ• ポッポ スーパーマーケット• Ario• イトーヨーカドー• グランツリー武蔵小杉• セブンパークアリオ柏 書店• 紀伊国屋書店 ファッション• コナカ• 洋服の青山 航空会社• ANA(全日空国内線機内販売) ホテル• ホテルニューグランド• ホテルファミリーオ• ホテルフォルクローロ その他• ヤマト運輸(関東甲信越・東北エリア)• タイムズ(関東・東北エリアの一部) (2020年05月時点) 他にもポイントが貯まるお店があるので、をチェックしてほしい。 普段使う機会が多いコンビニ。 Suicaは全国のほとんどのコンビニで利用はできるが、上記のように、ポイントが付くのはJR東日本系列のKIOSKやNEWDAYSのみとなっている。 通勤で駅を利用し、駅ナカでたくさん買い物をするという方でないとJRE POINTは貯まりにくいかもしれない。 JR東日本の鉄道を、Suicaで乗車すると貯まる 買い物だけでなく、JR東日本在来線の乗車、Suicaグリーン券、モバイルSuica定期券などの購入も、Suicaを利用することで、JRE POINTは貯まる。 JR東日本在来線の乗車利用などで、JRE POINTを貯める モバイルSuicaと、カードタイプの場合とでもらえるポイントが異なっている。 モバイルSuicaの場合 50円ごとに1ポイント カードタイプのSuicaの場合 200円ごとに1ポイント グリーン券を購入、「タッチでGo! 新幹線」等の新幹線の利用でも同様に上記のポイントがもらえる(「タッチでGo! 新幹線」の場合は、いくつか条件があるので公式サイトのを読んでほしい)。 モバイルSuica定期券の購入でJRE POINTを貯める モバイルSuicaでモバイルSuica定期券を購入もポイントが貯まる。 モバイルSuicaの場合 50円ごとに1ポイント 表を見てもらえればわかるように、モバイルSuicaのほうが、カードタイプに比べて、4倍ものポイントが貯まるようになっている(ちなみに、モバイルSuicaは、Apple PayのSuica、Google PayのSuica、楽天ペイのSuicaなどが含まれている)。 JR東日本の電車や新幹線などの乗車が多く、少しでも多くJRE POINTを貯めたいのであれば、モバイルSuicaでの利用がお得である。 駅ビルの利用で、ポイントを貯める(JRE POINTカード・JRE POINTのロゴのあるビューカードのみ) JRE POINTカードや、JRE POINTのロゴのあるビューカードのみの限定的だが、右の図のマークのある駅ビルの利用で、100円 税抜 ごとに1ポイントのJRE POINTを貯めることができる。 紛らわしいのだが、こちらは記名式のSuicaで支払っても、ポイントは貯まらないので注意してほしい。 さらに、でJRE CARDでの支払いをすると、100円(税抜)につき3ポイント貯まる。 アトレなどの対象の買い物や飲食が多い方には、ぜひ検討して欲しい。 JRE POINTの還元率 Suica利用で貯まるポイントは、50円で1ポイント、100円で1ポイント、200円で1ポイントで、加盟店によって異なる。 100円で1ポイントが貯まるのは、紀伊國屋書店、洋服の青山、TIMESで、多くは200円で1ポイントとなっている(2020年5月現在)。 JRE POINT WEBサイトでは、KIOSKやNEWDAYS、自販機の利用でポイント5倍、ポイント10倍などの期間限定キャンペーンをやっていることもあるので、駅を利用する人は情報をキャッチしてうまく活用するといいだろう。 NEWDAYSでは毎週金曜日にJRE POINT WEBサイトに登録したSuicaで買い物をすると、Suicaポイントが5倍(200円につき5ポイント)貯まるキャンペーンなども実施されている。 JRE POINTの使い方 貯まったJRE POINTの使い道は大きく2つある。 順番に説明して行こう。 Suicaにチャージする• 買い物や商品交換に利用する JRE POINTをSuicaの電子マネーに交換 あらかじめJRE POINT WEBサイトにログインしてポイント利用申込みを行うと、決められた期日内に、以下のどれかの方法で受け取ることができる。 自動券売機で受け取る(JR東日本の自動券売機のみ・翌日~7日以内)• モバイルSuicaにチャージ(当日~8日以内)• Suicaインターネットサービスで受け取る(当日~8日以内) お買い物や商品交換に利用する 貯まったポイントはWEBショップの「JRE MALL」にて利用することができる。 こちらでは鉄道グッズやSuicaのペンギングッズをはじめ、食品、家電、雑貨、カタログギフトなどを購入することが可能。 また、駅ナカのお店では、お弁当を受け取ることもできる。 お買い物以外にも、お米カードや共通利用券などに交換することも可能だ。 詳しくはJRE POINT WEBサイトのを見てみよう。 JRE POINTの有効期限は、JRE POINTを最後に貯めたり使ったりした日から2年だ。 つまり、Suicaを利用し続けていれば、実質無期限で貯めることができる。 以前の「Suicaポイント」では最長2年が有効期限となっていたので、当時と比較するとポイント制度がかなり良くなったと言える。 期間限定ポイントは、それぞれ有効期限が決めらているポイントのこと。 キャンペーンの参加特典などでもらえることが多い。 期間限定ポイントは、通常のポイントとは異なり有効期限の延長などはないので、有効期限前に使い切ってしまおう。 JRE POINTの残高確認方法 ポイント残高は、JRE POINT WEBサイトで確認可能。 会員メニューから[ポイント残高照会・利用申込]を選ぶと、残高を有効期限毎に確認可能なので便利だ。 失効前に計画的に活用しよう。 ビューカードでSuicaをお得に使う ここまで読んで、「Suicaを使ってもポイントは意外と貯まりにくいな~」と感じた人が多いはず。 それでも、「Suicaはお得だ」という人が多いのはなぜなのだろうか? JRE POINTを活用するには、(JR東日本グループのクレジットカード)を活用するのが手っ取り早い。 Suicaをお得に活用している人のほとんどが、ビューカードを持っている人だと言ってもいいだろう。 Suicaチャージで ポイント3倍の「VIEWプラス」特典をフル活用 ビューカードは、SuicaへのチャージなどJR東日本で利用した場合、通常の3倍のポイントが貯まる「VIEWプラス」という特典が提供される。 JRE POINTのVIEWプラス特典 利用場所 ポイントレート 通常利用 1,000円の利用につき5ポイント(還元率0. 5%) JR東日本での利用 1,000円の利用につき15ポイント(還元率1. 5%) クレジットカード利用ポイントとして、還元率1. 5%というのは、他にはなかなかないお得さだと言えるだろう。 そして、貯まったポイントはもちろん、1ポイント=1円単位でSuicaへのチャージが可能になっている! つまり、ビューカードを使ってSuicaにチャージして還元率1. 5%のJRE POINTを貯め、貯まったポイントをSuicaにチャージすれば、実質的にはSuicaへのチャージに1. 5%のポイントが付くのと同じことになる。 しかも、定期券や新幹線の切符の購入などでも、JRE POINTは3倍貯まっていく。 もちろん、それらもSuicaにチャージして使うことができる。 ビューカード以外のクレジットカードでは、JRE POINTは貯まらない 2020年よりビューカード以外のクレジットカードでも、年会費無料になった。 他のクレジットカードでも、モバイルSuicaでチャージができるようになったが、JRE POINTは貯まらない。 更に、Suicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードは、かなり限られている(詳しくはで解説している)。 JRE POINTをお得に貯めたいのであれば、ビューカードとの組み合わせが鉄板というわけなのだ。 JRE POINTだけでお得さを得るのは今のところ難しい SuicaもビューカードもJR東日本が発行しているものなので当然ともいえるのだが、JR東日本をよく利用する方には、大きなメリットが受けられるようになっている。 しかし、それ以外では、JRE POINTをお得に活用するのは難しいと思っておいた方がいいだろう。 もちろん、それでもSuicaを持っていると便利なことは多い。 切符を買わなくても全国の多くの電車やバスに乗れるし、ほとんどのコンビニやカフェなどでも使うことができる心強い1枚だ。 最近ではおサイフケータイだけでなくiPhoneでも利用できるようになっているのでモバイル支払いも可能だ。 ポイントを貯めるためのクレジットカードや電子マネーは別に持っておくなどして、ぜひ上手に組み合わせて使ってみてほしい。 そして、Suicaをお得に使いこなすためにはビューカードとの組み合わせが欠かせない。

次の

お得で便利!コンビニでSuicaを上手に使う方法

モバイル suica ポイント

Suicaと言われてパッと思い出すのはカードタイプのSuicaだと思いますが、スマホで使える モバイルSuicaもあります。 Suicaは一般的なカードタイプ。 モバイルSuicaはアプリで使えるタイプで、カードを持っていなくてもスマホをかざすだけでSuicaを利用できます。 ここ最近はモバイルSuicaを利用して、スマホをかざして改札口を通る人がものすごく増えてきました。 私もスマホをかざしてSuicaを利用していますが、ものすごい便利です。 一度使うともうカードタイプに戻れません。 癖になります。 スマホ1台あれば電車やバスの移動もできて、コンビニで買い物もできて、めっちゃ便利です。 まだ使ってない人はぜひモバイルSuica使ってみてください。 ほんとおすすめです。 Suicaを作る前にぜひ読んで欲しい記事• ただし、Suicaには、 無記名Suica、記名Suica、小児用Suicaなど、利用スタイルや年齢によって種類が分かれています。 大人が小児用Suicaを発行できないように、必要書類がないと入手できないSuicaもあるので、購入前は注意が必要です。 無記名Suicaは、誰でも発行でき、誰が利用しても問題ありません。 当たり前ですが、モバイルSuicaは対応スマホを持っていないと利用出来ません。 スマホをタッチして改札を通る為には、おサイフケータイ機能の備わったガラケーかスマホ、iPhoneならiPhone7以降の機種でないと、タッチしても反応しません。 最近のスマホやiPhoneであれば、ほとんど対応していることが多いので問題ないですが、格安スマホや古い機種を中古で利用している方は、モバイルSuicaが使えない可能性があるのでご注意ください。 SuicaとモバイルSuicaは併用できる? SuicaとモバイルSuicaを併用する事は可能です。 例えば、普段はSuicaを利用して、忘れた時用にモバイルSuicaを登録しておいたり、仕事はSuicaを使い、プライベートはモバイルSuicaで決済…というように使い分けることが可能です。 しかし、この場合、 同じSuicaID番号で利用する事はできません。 つまり、Suicaカードにチャージした分をモバイルSuicaで使うことはできません。 SuicaカードとモバイルSuicaを同じアカウントでは使えないってことですね。 現在利用しているSuicaカードをモバイルSuicaに切り替えたい場合、今使ってるSuicaカードは使えなくなってしまいます。 とは言え、Suica自体は個人で 発行枚数制限はありません。 一人で複数のSuicaを作ることは可能なので、使い分けは問題なくOKです。 同じアカウントやSuicaID番号という点は関係なく、家族用・個人用・仕事用など、目的を分けて新たにカードを発行し、数枚持っていても利用はできます。 しかも、Suica利用で貯まるJREポイントは、20枚までのSuicaが登録可能です。 モバイルSuicaは1アカウントしか登録できませんが、カード型Suicaなら複数枚利用しながら、一緒にポイントをまとめて貯められるので、ポイントを貯めるという点ではSuicaの併用は効率よく可能です。 今使ってるSuicaをモバイルSuicaにまとめたい場合、残高の移行はできるのか? SuicaとモバイルSuicaは別物と考えるので、基本的に残高をカードとスマホの間で行ったり来たりさせる事はできません。 ただし、モバイルSuicaに今まで使っていた Suica定期券を登録する際は例外です。 Suicaを利用している人の中には、通勤や通学の為に、Suica定期券を活用している人もいるでしょう。 Suica定期券には、普通のSuicaと同じように、チャージができます。 定期券区間以外の乗車やお買い物にSuicaを使うのも便利です。 このチャージ分は、モバイルSuicaへの初回登録の際に、残高の移行操作ができます。 Suica定期券をモバイルSuicaに登録した翌日5:00以降に手続きする• アプリにログインして「SFの移行操作」を行う• 残高が残っていなくても、操作を行う必要がある• 移行操作を行うと、カードを駅で返却した際、デポジットが返金される 最後に• SuicaとモバイルSuicaは、条件によって併用・移行できる• 誰でも発行できるSuicaに対し、モバイルSuicaの方がクレジットカード等が必要• Suica利用で貯まるJREポイントは、複数のSuicaを登録できる SuicaとモバイルSuicaは、利用スタイルによっては併用もできます。 しかしおすすめは、やはりスマホひとつあれば支払いできる、モバイルSuicaです。 モバイルSuicaと聞くと、Androidスマホやおサイフケータイが思い浮かびますが、iPhoneでもApplePayを利用れば、iPhone7以降ならスマホひとつで利用できます。 また、登録すれば貯める事ができるJREポイントも、複数枚のSuicaと1つのモバイルスマホアカウントで利用できます。 使い分けを極めるなら、JREポイントもしっかりチェックしておきましょう。 モバイルSuicaのアプリのダウンロードは.

次の

SuicaとモバイルSuicaの違いとは?併用できるか移行するのか?

モバイル suica ポイント

Suicaアプリを起動し、Suicaカードを押します。 Suica識別IDをコピーします。 Suicaポイントクラブに未登録の場合 「」にアクセスします。 アクセスしたら「会員登録(無料)」を押します。 モバイルSuicaを選択し、「次へ進む」を押します。 会員規約を読んだら「同意する」を押します。 先程コピーしたSuica識別IDを入力し、パスワードを入力します。 入力したら「次へ」を押します。 あとは指示に従い、必要事項を入力すればOKです! 既にSuicaポイントクラブに登録済みの場合 「」にアクセスします。 「ログイン」or「My JR-EAST IDでログイン」を押し、ログインします。 ログインしたら「モバイルSuicaの追加登録」を押します。 先程コピーしたSuica識別IDを入力し、パスワードを入力します。 入力したら「確認」を押します。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の