子猫の離乳。 野良猫の赤ちゃんは何ヶ月くらいまで母乳だけで育つことが出来るのでしょう...

子猫の育て方・実践編~週齢ごとの適切な保育方法から子猫に多い病気まで

子猫の離乳

粉末の離乳食 生後3週目くらいから6週目ぐらいまでの子猫にお勧めです。 粉末離乳食の特徴は、水を加えることで作る離乳食であるため、子猫の成長ペースに合わせて離乳食の固さを変えられるという点です。 子猫はだいたい生後3~4週目で歯が生え始めますが、最初は噛むことがあまりできないのでペースト状の柔らかいものから始めます。 そのペースト状の物に慣れてきたら、少しづつ水分を減らしていき離乳食を進めていくことになるため、粉末タイプのように水分量を調節するだけで、固さを自由に変えられるものは大変便利なのです。 森乳サンワールド猫用離乳食 こちらはお湯を加えて溶かすタイプの離乳食です。 子猫に与えるときは、子猫の様子を見ながら少しずつお湯の量を調整してあげましょう。 決して無理をせずにゆっくりと与えてあげてくださいね。 缶詰の離乳食 粉末タイプの離乳食を与えたいけれど、お湯でいちいち溶かすなどの手間が面倒だと感じるならば、最初から固さなどを調整されている缶詰タイプの離乳食がおすすめです。 少々お値段は上がりますが、その分通常の猫缶と同じように、お皿に出すだけで離乳食を与えてあげられますので非常に楽です。 缶詰を製造しているメーカーや、どれくらいの子猫を対象に製造された離乳食なのかによって与えられる年齢は異なってきますが、生後20日ごろから食べられるものが多いようです。 子猫の離乳食ささみペースト 栄養価の高い猫のフードを製造しているデビフペットから発売されている離乳食です。 生後20日頃から食べられる猫缶で、ささみやレバーを使用している子猫も大満足な一缶。 手間をかけられない、忙しくて時間がないという方はぜひこちらを購入してみてはいかがでしょうか。 子猫に離乳食を与える方法• 1 指に離乳食を少し乗せて臭いを嗅がせる• 2 鼻の上にチョンと塗ってみる• 3 上あごの部分に離乳食を少し塗ってみる• 4 スプーンで口元に近づけて食べさせる• 5 お皿から食べさせる 最初から器用に離乳食を食べられる子猫ばかりではありません。 食べる方法が分からずに戸惑ってしまう子猫も多いことでしょう。 最初は指に離乳食を少し乗せ、鼻の前に差し出して匂いをかがせたり、鼻の上にチョンと塗ってみると興味を示して舐めてくれるようです。 全く舐めてくれないようなら、口の中の上あごの部分に離乳食を少し塗ってみるのも良いでしょう。 舌が上手に使えなくても味に興味を示してくれるはずです。 舐めることができるようになったら、次はスプーンですくって口元に近づけて食べさせてみます。 それができるようになったら、今度はお皿から食べさせましょう。 ちなみに、お皿は浅くて重さのあるものが適しています。 子猫に近い方に少し山形になるように入れてあげると食べやすいようです。 ウェットフードを人肌程度に温めてあげると、より香りもたち子猫の食欲・興味をそそります。 電子レンジを使って温める場合には、レンジで使用できる素材の容器であること、温め過ぎないこと、温度が均一になるようにフードを混ぜること、子猫に与える前に指で触るなどして必ず適温であることを確認すること、に気を付けてください。 子猫の離乳食を購入する場合、 必ず「猫用」と記載されているものを購入しましょう。 人間用のものは絶対に与えてはいけません。 人間用の離乳食には子猫が食べてはいけない物が入っている可能性があるからです。 また、離乳食を開始したら水の入ったお皿を隣に準備し、 水を飲む習慣をつけるようにするのも大切です。 ミルクを飲んでいる時は水分も一緒に摂れるので心配はありませんが、ドライフードになった時に水を飲む習慣がついていないと体に必要な水分が十分にとれずに脱水症などを引き起こしてしまう可能性があります。 将来泌尿器系の病気を出来るだけ起こさないためにも、水をよく飲む習慣をつけることは大事です。 人間の子どもが生まれてから普通の食事ができるようになるまでには、母乳から離乳食を経て徐々に硬いものへという段階があります。 子猫の場合も人間と同じで、ミルクから柔らかい食べ物へ、そしてその後徐々に硬い食べ物へと変えていく必要があります。 ミルクを飲んでいた子猫にいきなり硬いキャットフードを与えても、ほとんどの子猫は食べることができないでしょう。 そのため、 子猫にも離乳食を与える必要があるのです。 しかし、子猫にもそれぞれ個体差があります。 スムーズに離乳できる猫もいれば、なかなか離乳が進まない猫がいるのも当たり前のことです。 あくまでも目安としてとらえ、飼い主さんが様子を見ながら進めていくことが一番大切です。 子猫を飼ったことがない人にとっては、子猫に離乳食を与えるのは大変なことかと思います。 しかし、子猫に離乳食が必要な時期は生後1ヵ月~2か月までの、 1ヶ月程度です。 この時期にしか見ることのできない子猫の可愛いしぐさもたくさんあることでしょう。 楽しみながら行ってみてはいかがでしょうか。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

子猫の餌をドライフードに切り替えるには?時期やコツを徹底レクチャー!

子猫の離乳

子猫の育て方!離乳食を食べさせる時の注意点とは? 子猫に離乳食を食べさせる時の注意点とは? 子猫は生まれると3週間目まではミルクだけを与えて育てます。 そして、 3週間を過ぎた頃からミルクの栄養だけでは足りないので、より栄養価の高い「離乳食(りにゅうしょく)」を与えることになります。 (離乳食は乳歯が生え始める生後6週間くらいまで与えることになります) ミルクと離乳食を同時に与えていくことになるのですが、今までミルクしか飲んでいない子猫は胃腸がまだ丈夫ではないので、いきなりたくさんの量を与えてしまうと消化できずに「下痢」をしてしまいます。 (まだ固形物を消化することに慣れていないので胃腸に大きな負担を与えてしまうと下痢になってしまうのです) 子猫が下痢をしてしまうと「脱水症状」になってしまう可能性があります。 危険なので最初は少しの量を与えるようにしてください。 そして、トイレが終わった後に排泄物を確認して下痢をしていないようなら徐々に離乳食の量を増やしていくようにしてください。 (約2週間かけて少しづつミルクから離乳食に移行していきます) 離乳食の量が増えてくるとミルクの量は自然と減っていきますが、その時には減ったミルクの代わりに水を入れた「水皿」を用意してあげるようにしてください。 スポンサーリンク 離乳食の与え方とは? まずは深さが2~3cmのフード皿に子猫用の離乳食を用意します。 最初は商品に記載されている分量よりもミルクの量を多めにしてください。 (猫はニオイで色々なことを判断します) 清潔な指やスプーンなどで離乳食を子猫の鼻先に持っていってニオイを嗅がせてください。 なので、離乳食を舐めさせてあげて食べ物だということを知ってもらわなければいけません。 子猫が自分から舐めてくれれば成功となります。 全然食べてくれない場合は、指に付けた離乳食を子猫の口の中の「上あご」に付けてあげてください。 口の中に直接入れてあげると舌で舐めてくれやすいです。 特に下痢になりやすいのですが、離乳食で下痢になる主な原因は固形物を食べることに胃腸が慣れていないからです。 (排泄物に問題が無くなったら少しづつ離乳食の量を増やすようにしてください) 排泄物は子猫の健康状態を知ることができるのでチェックするようにしてください。 離乳食は平らに盛り付けずに「山盛り」に盛るようにしてください。 (山盛りといっても量を増やすわけではなく山のような形に盛って食べやすくしてあげてください) 離乳食のフード皿が深いと食べづらいので、お皿はあまり深くない物を選ぶようにした方がいいです。 子猫が離乳食を食べてくれない主な原因とは? 子猫が離乳食を食べない原因がいくつかあります。 その原因についてご説明させていただきますので参考にしてみてください。 ミルクを飲んでお腹がいっぱいになっている ミルクを飲んでお腹がいっぱいになってしまうと離乳食を食べようとしないです。 なので、先に離乳食を与えるようにしてください。 離乳食の味が嫌い 人間と同じように猫にも「好きな味」や「嫌いな味」があります。 食べている離乳食の味が嫌いな場合があるのです。 他にも食べ慣れていないので戸惑っていることもあります。 飲み慣れているミルクを離乳食に混ぜたり、離乳食を別の商品に変えるなどをしてみてください。 離乳食の食感が苦手 離乳食の「食感」が苦手な子猫もいます。 そのような場合は、「子猫用のドライフード」に少しだけぬるま湯を入れて柔らかくしてから与えてあげてください。 子猫によっては、柔らかくしていないドライフードを食べることができる子もいます。 その場合は、そのまま子猫用のドライフードを与えても問題ないです。 子猫用のミルクはいつまで与えてもいいの? 子猫用のミルクは最長でも生後3ヶ月後までにした方がいいです。 子猫用のミルクは高カロリーなのでずっと与え続けると肥満の原因になってしまう可能性があります。 ミルクをずっと欲しがる場合は、少しづつミルクの中に水を足すようにしてください。 そうすると、だんだんミルクを欲しがらなくなります。 さいごに 子猫によっては、なかなか離乳食を食べてくれない子もいます。 その時は、またミルクだけを与えてしまいがちになりますが栄養を考えると栄養価の高い離乳食をちゃんとあげた方がいいです。 愛猫が健康に成長する為には欠かせないものなので根気強く与えてあげるようにしてください。

次の

子猫の離乳食はいつからいつまで? 食べないときはどうしたらいい?

子猫の離乳

ここで記載している餌の量や回数は一般的な目安です。 実際はキャットフードごとに異なりますので、商品の説明を優先してください。 生後3週まで 餌の種類 ・母猫の母乳 ・市販の子猫用ミルク 餌の与え方 ・ミルクをお湯でとかして哺乳瓶やシリンジで与える 1回に与える餌の量 生後1週間:2〜4ml 生後2週間:5〜10ml 生後3週間:10〜15ml 餌を与える回数 生後1週間:3時間に1回 生後2週間:4時間に1回 生後3週間:5時間に1回 餌を与える時間 朝 昼 晩 深夜 早朝 生後4週間に満たない子猫はまだまだ赤ちゃんで、目も開いておらず一人で歩くこともできないほどか弱い存在です。 母猫の母乳が最大の栄養源になります。 自宅で産まれた子猫の場合は、しばらく母猫に任せて成長を見守りましょう。 トイレの世話なども基本的に母猫に任せておけばすべてやってくれます。 この時期の赤ちゃん猫を保護した場合は、母猫がいないので母乳を与えられません。 そんなときは市販されている子猫用のミルクで代用できるので安心してください。 キャットフードのふやかし方 離乳期の子猫の1回分にあたるドライフード10gをクッキングスケールなどでしっかり計ります。 お湯または子猫用ミルクで5分ほどふやかします。 子猫用ミルクは栄養があるので、その分ドライフードの量を減らさないとカロリーオーバーになるので要注意です。 5分ほどふやかしたら、食べやすいようにフォークなどで細かくつぶして完成です。 子猫がまだ小さくて、お皿から自分で食べるのが難しい場合は、あなたの指で餌を少しずつすくって、子猫の口の中に入れてあげましょう。 上顎(うわあご)につけてあげるイメージで与えると食べてくれます。 この頃から、 餌を与える時間をしっかり決めておき、規則正しく与えるようにしましょう。 餌を与える時間がバラバラだと子猫が混乱しますし、餌を催促するようになったり、または満腹状態で必要な量の食事を取れなくなる場合があるためです。 生後3ヶ月〜6ヶ月 餌の種類 ・子猫用のドライフード(カリカリ) ・子猫用の離乳食 餌の与え方 ・ドライフードや離乳食をそのまま与える (食べにくそうな時はふやかしてあげる) 1日に与える餌の量 生後3ヶ月:60g 生後4ヶ月:70g 生後5ヶ月:75g 生後6ヶ月:75g 餌を与える回数 生後2〜6ヶ月:4〜5回 餌を与える時間 朝 昼 晩 深夜 早朝 生後2〜6ヶ月が経過すると、乳歯が生え揃い、体つきもだいぶ成長してきます。 まだまだ育ち盛りなので、餌をあげる量・回数ともに多くなりますが、ドライフードをそのまま与えられるようになってきますので、手間はだいぶ減ります。 子猫によって個体差がありますので、そのままのドライフードを食べづらそうにしている場合は、まだしばらくはふやかして与えましょう。 ふやかす時間や水分の量を少しずつ減らして、固い餌に慣れさせていくのも重要です。 引き続き、決まった時間に規則正しく餌を与えてください。 生後7ヶ月〜12ヶ月 餌の種類 子猫用のドライフード(カリカリ) 餌の与え方 ドライフードをそのまま与える 1日に与える餌の量 生後7ヶ月 :80g 生後8ヶ月 :80g 生後9ヶ月 :80g 生後10ヶ月:80g 生後11ヶ月:60g 生後12ヶ月:60g 餌を与える回数 生後7ヶ月〜12ヶ月:2〜3回 餌を与える時間 朝 昼 晩 生後半年〜12ヶ月は、子猫から成猫へ最後の成長を遂げる時期。 永久歯が生え揃い、あんなに小さかったのにもう発情期に入ります。 小さかった子猫の頃がひどく懐かしくなります(笑) この頃から肥満傾向などが出てきますので、食事の量と回数を引き続きしっかりコントロールしましょう。 体重が重過ぎる場合は、メーカー推奨量より少しだけ餌を減らすなどの工夫を。 餌の回数は1日2〜3回程度で問題なくなります。 理想は3回ですが、日中の仕事などで3回あげることが難しい場合は、朝晩の決まった時間に2回与えればOKです。 僕は朝の8時と夜の8時に餌がもらえるにゃ! 子猫の餌の種類はどんなものがある? 続いては、子猫の餌の種類について解説します。 目的別の分類は4種類|総合栄養食や間食など キャットフードには、給与目的ごとに4つの分類があります。 総合栄養食 人間でいう主食です。 キャットフードのパッケージに必ず「総合栄養食」と書かれています。 この餌と水だけを摂取していれば健康を維持できる栄養バランスの製品です。 (の試験で定められます) 間食 人間でいうおやつです。 しつけの際にご褒美であげるなど、主食とは違った与え方をされます。 美味しそうに食べるのでおねだりされたらついついあげたくなってしまいますが、 猫にとっておやつは基本的に不要です。 どうしてもあげたい場合は1日当たりのエネルギー所有量の20%以内におさえましょう。 療法食 人間でいう病院食です。 獣医師の指導の元で食事管理が必要な場合に与えられます。 1種類の餌しか与えていないと好みがかたよってしまい、いざ療法食が必要になったときに食べてくれなくて悩む飼い主さんが多いです。 子猫の時からフードローテーション(複数の餌を与える)で味覚を発達させておきましょう。 その他の目的食 人間でいうサプリメントやふりかけです。 不足している栄養やカロリーの補給のために与える「栄養補助食」と、食いつきを増進するためにキャットフードにふりかける「おかずタイプ」があります。 おやつと同じく、健康な猫にとっては与える必要がないものです。 私の答えは両方です!詳しく見ていきましょう。 そもそもキャットフードには、上記で書いた目的別の分類とは別に、ドライやウェットという種類があります。 ドライフード いわゆるカリカリと呼ばれる最もポピュラーな餌です。 ウェットフードより値段が安く、効率的に栄養を摂取できます。 ただ、食いつきの良さや水分の量ではウェットフードに劣ります。 ・値段:安い ・食いつき:普通 ・水分:少ない ウェットフード 水分を多く含んだ高級な餌です。 ドライフードに比べて水分量が多く、嗜好性が高いのが特徴。 ・値段:高い ・食いつき:良い ・水分:多い それぞれ一長一短ありますが、 基本的にはドライフードをメインに与えるのがおすすめです。 そして数日に1回くらいの頻度で、いろいろな種類のウェットフードを混ぜて食べさせてあげましょう。 この方法で餌を与えると 子猫が餌を食べない時の原因と対策3選 子猫が餌を食べないときはさまざまな原因が考えられます。 ここでは、よくある原因と対策をご紹介します。 体調不良 普段は元気よく餌を食べる子猫が急に餌を食べなくなったら、睡眠不足や病気など体調不良の可能性があります。 明らかにいつもより元気がなかったり、連続して餌を食べない場合は、早めに獣医さんに相談しましょう。 また、子猫にとっては睡眠も大事な要素で、 1日のうち20時間くらい寝る必要があります。 寝姿がかわいいからと起こしてしまったり、猫じゃらしなどでついつい遊びすぎてしまうと、必要な睡眠時間が確保できなくなり、体調不良になることがあります。 子猫のときは基本的にずっと寝かせてあげて、餌やトイレの時間だけ起き、たまに遊んであげる、くらいのバランスがちょうどいいです。 満腹 授乳期や離乳期は1日の食事回数が多いので、しっかり間隔をあけてあげないと満腹で食べられません。 また、 おやつのあげすぎなども満腹の原因なので注意が必要です。 おやつだけでは栄養素が不足しますし、お腹がすいてから餌を食べるのを繰り返していると、規則正しい食事のリズムが崩れてしまいます。 固すぎ・大きすぎ 離乳期〜幼猫期の前半は、ミルクやウェットフードなどの柔らかい餌から、固いドライフードに切り替えていく時期です。 ミルクやお湯でふやかしたドライフードを与えて少しずつ固い餌に慣れさせていきますが、その時の餌が固すぎたり大きすぎたりすると、食べたくても食べられない場合があります。 ふやかす時間を長くしたり、フォークなどで細かくつぶしてから与えてみてください。 さらに詳しい内容は下記のページで解説していますので、お困りの方はご覧ください。 子猫の餌のよくある質問と回答 続いては、子猫の餌やりに関するよくある質問と回答をご紹介します。 子猫の食いつきが良い餌はどれですか? 市販のフードだと「ロイヤルカナン」と「ピュリナワン」が食いつきと栄養バランスがいいのでおすすめです。 通販限定のプレミアムキャットフードは下記の記事で詳しくご紹介しています。 猫に食べさせてはいけない危険な食べ物はありますか? 代表的なものは「ネギ類」「チョコレート」「イカ・タコ」「ドッグフード」などがあります。 また、観葉植物もかなりの割合で猫にとって毒になるので注意が必要です。 詳しくは下記のページで解説していますので、気になる方はご覧ください。 生後3ヶ月の猫が餌をずっと食べているんですが問題ないですか? 問題ありません。 生後3ヶ月から半年くらいの猫は最も育ち盛りな時期です。 そのため多くの栄養が必要なので、猫が欲しがるだけ餌をあげても問題ありません。 これを 自由摂取と言います。 生後半年を過ぎたあたりから肥満傾向が出てきますので、決められた時間に決められた量を食べさせるようにしていきましょう。 特に生後半年をすぎて避妊・去勢手術をしたあとは一気に太りやすくなるので要注意です。 猫が餌を吐いてしまうときはどうすればいいですか? 猫はもともと吐きやすい動物ですが、あまりに多いときはまず獣医さんに相談しましょう。 健康に問題がないのに吐いてしまうときは「高さのある食器」を使ってみてください。 具体的なおすすめ商品について下記のページでご紹介しています。 子猫の餌の量・回数・時間のまとめ この記事では、生まれて間もない授乳期から成猫になる1才までの餌の量・回数・時間と与え方について解説しました。 子猫の餌やりは回数が多くて手間がかかりますが、健康な成長のために最も重要な時期でもあるので、正しい知識をもとにご飯をあげましょう。 このページの内容は子猫が1歳になるまで参考にできますので、ブックマークを忘れずにしておいてくださいね。 わかりにくい部分などあれば気軽にご質問ください。

次の