つい動画リアルタイム100。 SONY α9 ファームソフトウェアアップデートVer. 5.00 リアルタイムトラッキング機能について

“動物対応”「リアルタイム瞳AF」が動物写真の世界に新たな旋風を巻き起こす 〜今、明らかになるαの総合力〜|α Universe

つい動画リアルタイム100

こんにちは。 一日3時間をニコニコ動画に費やすダメ社会人、山田井ユウキです。 今日もさっそく最近流行の動画や埋もれている良動画を独断と偏見で皆さんに紹介していこうと思います。 選ぶ基準はただ一つ、僕の趣味です! 以前、。 今回はそれとはまた違ったゲームプレイスタイルである「RTA」動画の魅力をご紹介したいと思います。 まずはRTAとは何か、というところから簡単に説明しておきましょう。 RTAとは「リアル・タイム・アタック」の略であり、ゲーム内時間の短さで競う従来のタイムアタックとは "ゲームスタートからクリアまでの実時間 時計で計測した現実の所要時間 の短さを競う ニコニコ大百科より "という点が異なっています。 要するに、「ゲームスタート」と同時に時計をスタートさせ、あとはクリアするまで一切時間はストップしないということです。 そのため、長時間のゲームであってもセーブは基本的にタイムロスになるので行われないことがほとんど。 いかにシビアな遊び方かがおわかりいただけたでしょうか。 そうはいっても「ゲームなんだし、何がどう大変なのかまだわからない」と思われる方も多いはず。 ということで、まずは手始めにこちらの動画をご覧ください。 あくまでも僕の思い入れのある作品のRTA動画をピックアップした記事となっていますので、RTAに興味を持たれた方はぜひタイトルやタグで検索してみることをお勧めします。 マーセナリーズなどやりこみ要素たっぷりのバイオハザードは、RTA界でも大人気。 この動画は世界記録というわけではありませんが、それでもノーセーブで2時間7分というタイムは十分に超人技。 一度でも遊んだことがあるならば、ぜひご覧いただきたい動画です。 以上、他にもご紹介したい動画はたくさんあるのですが、結局は"そのゲームを遊んだことがあるかどうか"がRTAを楽しめる絶対条件ですので、あとは皆さん自身で探していただくとして、ここではこれくらいに留めておきましょう。 通常のプレイやTASとはまた違った楽しみ方であるRTA動画。 要求されるスキルが高すぎるが故になかなか数は増えないのですが、今後も盛り上がってほしいジャンルの一つです。 勝手エヴァンジェリスト・山田井ユウキ 1980年生まれ。 レビューサイト「」で、映画、漫画、ゲームなどを独自視点からレビューする他、「」「」など各種媒体で記事を連載中。 どんなに忙しくても一日数時間ニコニコ動画に費やすという、社会人としてあるまじき生活を謳歌中。 好きな動画ジャンルはゲーム実況、ボカロ、他エンタメ系全般。 あらかじめご了承ください。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

YouTubeライブの特徴とその使い方について解説する

つい動画リアルタイム100

最近のカメラはHDMI出力が可能 弊社にあるカメラはcanon EOS 7D Mark IIとM10。 最近の一眼レフカメラはHDMI出力端子が付いていますので、そのままプロジェクターにさせばリアルタイムで映すことが可能です。 高価なカメラだからという訳ではなく、5~6万円程度のミラーレス一眼であるM10にもHDMI出力端子が付いています。 用意するものはこのようなHDMIミニケーブルといわれるケーブルです。 HDMIスプリッターを用意する こちらはスプリッターといわれる分配器です。 Amazonで2000円台からで手に入ります。 一つのinputに対して、複数のOutputが行えるもの。 この商品では4つのモニターにOutputが可能なものです。 このように端子をセットして・・・ カメラを動画モードにすれば、あら簡単、ちゃんと2つのモニターに同時に動画が出力されていますね。 意外に簡単でしょ。 ハウリングが起こるので録音はしない そのままだとキーン!というハウリングが起こりますので、カメラの設定で録音はしない設定にしておきましょう。 たったこれだけでリアルタイムに複数のプロジェクターに映像を映す事が可能なんです。 まとめ ワークショップやセミナーなどを主催する際、講師の方の細かな作業をより多くの人に見ていただいたい。 そんな要望は多いのかも知れない。 そう思ってコラムにてまとめてみました。 案外機材も安くて簡単でしょ。 ものづくりワークショップや料理のワークショップ、手元を丁寧に説明したいワークショップなどに参考になれればと思います。

次の

[B! Twitter] twi

つい動画リアルタイム100

Googleは2019年2月4日、難聴者・聴覚障がい者向けのユーザー補助サービスとして、「Live Transcribe」をリリースした。 このアプリは、音声をリアルタイムで文字に変換してスマホの画面上に表示するというもの。 公開されているデモンストレーションの動画を見ると、かなり高い精度で言葉を認識しているようなので、モノマネでも通用するのか、確かめてみた! ・現バージョンはベータ版 このアプリは、現在ベータ版として公開されている。 2014年にリリースされた「Android 5. 0 Lollipop」以降のバージョンを搭載したスマホで利用できるとのことなので、にインストールして検証することにした。 ちなみに日本語でのアプリの表記は、「音声文字変換」となっている。 ・画面は真っ黒 インストールして起動すると、最初にマイクへのアクセスを求められるので、これを「許可」する。 起動すると画面は真っ黒だ。 話しかけるまで、何も表示されない。 端末に向かって発話しない限り、文字は表示されない。 周りの雑音を拾って、デタラメな文字列が並ぶということもない。 画面下には「設定」があり、ここで文字サイズや変換する言語、「冒とく的な表現を隠す」などの項目を切り替えることができる。 ・処理がはやい 実際に端末に向かってしゃべると、すぐに文字が表示される。 その速度には、ちょっと驚かされる。 サンジュンに寅さんのマネと古畑任三郎のマネをしてもらったところ、8~9割の精度で発話を文字に変換できることがわかった。 多少の間違いはあるものの、言わんとする内容を読みとるには十分だ。 ・コピペできない…… このスピードならテープ起こしなどの作業が相当捗ると思ったが、残念ながら文字をコピペできない。 口述筆記で記事をかけると思ったのだが、それは出来ないようだ。 残念……。 しかしユーザー補助のサービスとしては、ベータ版として十分な機能を有しているので、今後さらに開発が進むことに期待したい。 参照元:(音声文字変換:ベータ版) Report: ScreenShot:Live Transcribe(Android).

次の