韓国 料理 ジョン。 ジョンキッチン

韓国のチヂミ(ジョン)いろいろ!

韓国 料理 ジョン

宮廷ドラマにも登場する「ジョン」 ジョンは韓国家庭料理の一つでもあり名節のときにも並ぶ一品です。 宮廷料理には必ずと言ってもいいほど作られ、王様のお膳に並びます。 韓流ドラマを見た際にはチェックしてみてくださいね。 薄切りや輪切りにした野菜、お肉、魚介などに小麦粉と溶き卵をつけて、油で焼いたものがジョンです。 ジョンにはホバッチョン(朝鮮カボチャのジョン)、パジョン(ネギのジョン)、カジジョン(ナスのジョン)、コグマジョン(サツマイモのジョン)、ソコギジョン(牛肉のジョン)、セウジョン(エビのジョン)などなどたくさんあります。 ホバッチョン(朝鮮カボチャのジョン) コグマジョン(サツマイモのジョン) カジジョン(ナスのジョン)、セウジョン(エビのジョン) 今日はジョンにしよう!明日は天ぷらにしよう! 上の写真はナスとエビのジョンですが、似てませんか?天ぷらに!韓国のジョンは油で揚げずに焼くだけなので、日本の天ぷらよりも簡単で楽チンです!油のあと処理も要りません。 食材は同じでも韓国と日本、ちょっとした作り方・食べ方の違いで、双方の味を楽しめるのはいいですね。 その日の気分で変えてみるのはいかがでしょうか?同じ食材で作れるので、今日はジョンにしよう!明日は天ぷらにしよう!と唱えながら楽しんでみてください。 そしてもう一点イイところ。 同じフライパンでいっぺんに焼けちゃうんです。 写真のナスとエビも一緒に焼いていますよね。 切る厚さをだいたい均一にすればお互いうまく焼けます。 厚みが違っても、焼けたものからお皿に盛り付けていけば大丈夫です。 何をつけて食べればいいの? 天ぷらは塩やめんつゆをつけて食べますが、ジョンはヤンニョンジャンをつけて食べます。 子どもには辛いかもしれないのでうちではポン酢で代用します。 ヤンニョンジャンの作り方はで紹介しているのでぜひ読んでくださいね。 ただ、ジョンは塩や塩コショー、ダシダをふって下味をつけるので、タレにつけて食べなくても十分かと思いますが、お好みで楽しんでください。 わたしはヤンニョンジャンにつけて食べるのが好きなので塩を少しだけふります。 今回もレシピ付きなのでぜひチャレンジしてみてください。 オクラを洗って水を切り、額を切り落とし縦半分に切る。 切ったオクラに塩をふる。 米粉を両面にまぶす。 フライパンにごま油を引いて温めておく。 溶き卵に浸してフライパンで両面きつね色になるまで焼いたら完成。 今回は珍しいオクラのジョンを紹介しましたが、我が家ではよく食卓に並びます。 横に切ると星型のオクラですが、「Twinkle Twinkle Little Star」の歌を歌いながら出したら子どもたちも食べるようになりました(笑)。 お弁当のおかずの色味合わせで1~2本使うも、余ったオクラたちはあっという間に焼けるジョンにぜひ変身させてみてくださいね。 食べ方がどうしても茹でてかつおぶし、しょうゆ、と片寄りがちになってしまうとの声が多かったので韓国風に仕上げてみました。 お楽しみいただけましたでしょうか?またレパートリーが増えちゃいましたね!.

次の

鄭家 ジョンガ

韓国 料理 ジョン

こんにちは、シティリビングWeb編集部のゆず子です。 緊急事態宣言が出て、おこもり生活がスタートし、いつも以上に料理する時間も増えてきました。 今回は、最近購入した料理本をもとに韓国料理を作ってみたので紹介します! 参考書籍は「韓国かあさんの味とレシピ」 今回私が購入した韓国料理本はこちら。 コリアン・フード・コラムニストの八田靖史さんが、実際に韓国の家庭を訪れて取材したレシピが掲載されています。 写真もキレイなので、食欲がそそられます。 ジョン・チョン(전)は「焼いたもの」という意味で、薄切りにした魚や肉、野菜などに小麦粉をつけて焼いたものや、お好み焼きのようなものも含みます。 今回は3種類作りました。 ケランヤチェバプチョン(卵・野菜・ごはんのジョン) こちらにはオムライスの具が入っています! この日は、タマネギ、ニンジン、ブロッコリー、ごはんを入れてみました。 それを卵に混ぜて焼くだけです。 冷蔵庫にある野菜なら何を使ってもOK。 軽く塩味を付けていますが、ケチャップを添えてもいいですね。 子どもも喜んで食べてくれました。 カムジャジョン(ジャガイモのジョン) ジャガイモをブレンダーでペースト状にし、水気を切って焼くだけです。 デンプン部分を食べるイメージなので、もちもちしています。 味付けは塩のみ。 夫曰く「お酒がすすむ!」とのこと。 プチュジョン(ニラのジョン) プチュはニラのことなのですが、冷蔵庫にあった緑野菜がホウレンソウだったので、代用。 ペースト状にしたホウレンソウをてんぷら粉に混ぜて、香りをよくするためにごま油で焼きました。 食べるときは、ラー油としょうゆを混ぜたタレで。 餃子のタレのように酢をプラスしてもいいかも! 簡単で彩りもよいので、食卓も気分も華やぎます。

次の

ズッキーニを使った韓国料理ジョンのレシピを大公開!

韓国 料理 ジョン

宮廷ドラマにも登場する「ジョン」 ジョンは韓国家庭料理の一つでもあり名節のときにも並ぶ一品です。 宮廷料理には必ずと言ってもいいほど作られ、王様のお膳に並びます。 韓流ドラマを見た際にはチェックしてみてくださいね。 薄切りや輪切りにした野菜、お肉、魚介などに小麦粉と溶き卵をつけて、油で焼いたものがジョンです。 ジョンにはホバッチョン(朝鮮カボチャのジョン)、パジョン(ネギのジョン)、カジジョン(ナスのジョン)、コグマジョン(サツマイモのジョン)、ソコギジョン(牛肉のジョン)、セウジョン(エビのジョン)などなどたくさんあります。 ホバッチョン(朝鮮カボチャのジョン) コグマジョン(サツマイモのジョン) カジジョン(ナスのジョン)、セウジョン(エビのジョン) 今日はジョンにしよう!明日は天ぷらにしよう! 上の写真はナスとエビのジョンですが、似てませんか?天ぷらに!韓国のジョンは油で揚げずに焼くだけなので、日本の天ぷらよりも簡単で楽チンです!油のあと処理も要りません。 食材は同じでも韓国と日本、ちょっとした作り方・食べ方の違いで、双方の味を楽しめるのはいいですね。 その日の気分で変えてみるのはいかがでしょうか?同じ食材で作れるので、今日はジョンにしよう!明日は天ぷらにしよう!と唱えながら楽しんでみてください。 そしてもう一点イイところ。 同じフライパンでいっぺんに焼けちゃうんです。 写真のナスとエビも一緒に焼いていますよね。 切る厚さをだいたい均一にすればお互いうまく焼けます。 厚みが違っても、焼けたものからお皿に盛り付けていけば大丈夫です。 何をつけて食べればいいの? 天ぷらは塩やめんつゆをつけて食べますが、ジョンはヤンニョンジャンをつけて食べます。 子どもには辛いかもしれないのでうちではポン酢で代用します。 ヤンニョンジャンの作り方はで紹介しているのでぜひ読んでくださいね。 ただ、ジョンは塩や塩コショー、ダシダをふって下味をつけるので、タレにつけて食べなくても十分かと思いますが、お好みで楽しんでください。 わたしはヤンニョンジャンにつけて食べるのが好きなので塩を少しだけふります。 今回もレシピ付きなのでぜひチャレンジしてみてください。 オクラを洗って水を切り、額を切り落とし縦半分に切る。 切ったオクラに塩をふる。 米粉を両面にまぶす。 フライパンにごま油を引いて温めておく。 溶き卵に浸してフライパンで両面きつね色になるまで焼いたら完成。 今回は珍しいオクラのジョンを紹介しましたが、我が家ではよく食卓に並びます。 横に切ると星型のオクラですが、「Twinkle Twinkle Little Star」の歌を歌いながら出したら子どもたちも食べるようになりました(笑)。 お弁当のおかずの色味合わせで1~2本使うも、余ったオクラたちはあっという間に焼けるジョンにぜひ変身させてみてくださいね。 食べ方がどうしても茹でてかつおぶし、しょうゆ、と片寄りがちになってしまうとの声が多かったので韓国風に仕上げてみました。 お楽しみいただけましたでしょうか?またレパートリーが増えちゃいましたね!.

次の