ヒストリア エヴァンゲリオン。 #エヴァンゲリオンヒストリア

NHKのエヴァンゲリオン特集が4月10日スタート。歴史秘話ヒストリア、新劇場版、全エヴァンゲリオン:大投票まで!

ヒストリア エヴァンゲリオン

世界的な人気アニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」の放送開始から25周年を迎え、NHKが4月10日から、「エヴァ特集」の放送をスタートさせる。 普遍的なテーマと緻密な設定、革新的な映像表現でアニメーションの新たなフィールドを切り開いてきた「エヴァ」シリーズ。 社会現象を巻き起こし、今もなお、世界的な人気を集めている。 まずは、エヴァの歴史を映像で振り返りながら魅力をひも解く、「歴史秘話エヴァンゲリオンヒストリア」が4月10日午後10時からBS4Kで放送となる。 NHK総合では、4月15日 水 午前1時25分から、BSプレミアム・BS4K同時放送で4月15日 水 午後10時16分からオンエアされる。 さらに、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」3作が、4K&5. 1chサラウンドで登場となる。 未曽有の大災害「セカンドインパクト」の爪痕を残した地球。 大ヒット映画「シン・ゴジラ」で脚本・編集・総監督を務めた庵野秀明氏の代表作が、3週連続放送だ。 4月18日 土 午後11時から「:序」、4月25日 土 午後11時から「:破」、5月2日 土 午後11時から「:Q」 すべてBS4K の放送予定だ。 さらに、ファンにとってうれしいのが、視聴者参加型の一大投票企画だ。 キャラクター、エヴァ、使徒、セリフの4つのカテゴリーで、ホームページから投票できるほか、スペシャルショート動画や番組情報を観ることができる。 投票期間は4月29日まで。 気になる投票結果は、スペシャルゲストとともに生放送で発表する。 放送予定は5月16日 土 午後10時30分から、BSプレミアムで。 司会はアーティストの西川貴教が務める。 ENCOUNT編集部.

次の

エヴァンゲリオン

ヒストリア エヴァンゲリオン

「ヱヴァ新劇場版」3作、NHK BS4Kで4K放送 「エヴァ」の歴史を振り返る「ヒストリア」も放送決定 2020年4月2日 16:00 投票企画と「歴史秘話ヒストリア」の放送も C カラー [映画. com ニュース] 「新世紀ンゲリオン」の放送開始25周年を記念し、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ3作が、NHKのBS4Kで4K&5. 1サラウンド放送されることが決定した。 4月18日に「序」、25日に「破」、5月2日に「Q」が3週連続で放送される(いずれも午後11時から)。 また、「」の歴史を映像で振り返る「歴史秘話ンゲリオンヒストリア」の放送も決定した。 4月10日にBS4K、15日にNHK総合とBSプレミアム・BS4Kでオンエアとなる。 さらに、「全ンゲリオン:大投票」も実施される。 視聴者による投票で、キャラクター、、使徒、セリフの4つのカテゴリーからランキングを決定し、5月16日にBSプレミアムでオンエアされる生放送番組(司会:)で投票結果を発表。 nhk. 「新世紀ンゲリオン」は、監督によるオリジナルロボットアニメ。 1995~96年に放送され社会現象になった大ヒット作で、2007年に新たに4部作で描きなおす「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」がスタート。 07年に第1作「序」、09年に「破」、12年に第3作「Q」が公開され、今年6月27日に完結作「」が公開される。 (映画. com速報)•

次の

『歴史秘話エヴァンゲリオンヒストリア』今晩放送

ヒストリア エヴァンゲリオン

21 27 30 31 23 25 25 22 27 27 24 27 28 21 28 24 14 21 23 26 27 24 21 27 26 22 23 23 25 21 23 28 29 25 25 27 26 23 22 24 24 22 19 21 25 19 22 25 23 25 20 22 23 21 24 24 20 22 21 23 20 24 22 24 22 24 24 23 28 1 今日の東京都の感染者は127人ですか。 尚、毎日の感染者数を気にしているのは、事態の動向や収束が気になるというのもありますが、またそれだけ医療関係や保健所などの対応の方々のご苦労が増えるのだなということが気になります。 さて、昨日の深夜の25:25からNHK総合でとあるアニメについての 「歴史秘話ヒストリア」が放映されました。 そうです。 「」です。 因みに、この番組はBS4Kでは既に4月10日に放映されており、BSプレミアムでは本日の22:16から放映されました。 で、「ヒストリア」があるということは恒例の 「大投票」があるということですが、5月16日の23:30からBSプレミアムで 「」が生放送される予定になっています。 この流れはもうすっかりお約束になっていますが、「ヒストリア」は大投票前の番宣いや「予習」という位置付けなワケですね(笑) って言うか、今度の「大投票」は「エヴァ」ですか。 前回は 「ファイナルファンタジー」でしたが、またアニメ路線に戻りましたね。 因みに、私はゲームをしないのでタイトルこそ知っていますが、「ファイナルファンタジー」は観ませんでした。 しかし、今度の「エヴァ」は違います。 も新劇場版全て観ていますし、それなりにも持っています。 なので、今度の「大投票」が楽しみでなりません(笑) で、この「ヒストリア」では三つの劇場版の 「」、 「」、 「」について、その「映像美」と「キャラクター」にスポットを当てて解説していましたが、あの世界観が設定を40分弱で紹介するのは難しいですね(笑) まぁ、その小難しさと面倒臭さもエヴァの大きな魅力の一つでもあるのですが、それは寧ろファン同士で共有するというよりも、個々で考察してニヤニヤしながら愉しむという性質のモノかもしれません(笑) それと、映像に関してはCGと手描きの融合やディテールの細やかさに注目していましたが、私としてはもう一つ「画面構成」の素晴らしさについて言いたいですね。 って言うか、これは今回の「ヒストリア」でも述べられていましたが、エヴァの作り手たちはそれこそゴジラやウルトラマンや仮面ライダーに熱中した世代であり、その影響を大きく受けています。 なので、作品には強烈なオリジナリティは感じないのですが、以前にも通り、自分たちが受けた影響を上手く消化して映像表現を作っているその「見せ方」が素晴らしく上手いなと感心させられてしまうのですね。 又、キャラクターについて言えば、エヴァに登場するチルドレンよりも、私は寧ろシンジの父の碇ゲンドウとゲンドウを補佐する冬月に注目してしまいます。 アニメのキャラクターとしては、ミサトやリツコなどの「大人」の方に魅力を感じますが、役割としては狂言回し的なんですよね。 ドラマの中心は永遠の14歳のシンジとアスカとレイ、そしてマリとカヲルですが、物語の謎の中心はあくまでもゲンドウと冬月です。 なので、謎を追い掛けているファンとしてはゲンドウと冬月に目が行ってしまうのです。 って言うか、シンジって実はユイと冬月の子なんじゃないかという疑惑もあります(笑) そして、この作品の最大の特徴は、制作のトップである庵野監督の精神状態が如実に反映されてしまうという点でしょう。 テレビシリーズのまるで破錠してまったかのようなやそのテレビ版の完全決着を描くつもりで制作されたで見せたアニメを否定するかのようなシニカルな視点など、作者のメッセージというよりは精神状況をそのまま見せられているような痛みを感じました。 で、新劇場版の 「ヱヴァンゲリヲン」も当初はリビルドと言っていたかと思いますが、「破」でマリという新キャラが登場したと思ったら、「Q」ではテレビシリーズとは全く違った展開を見せました。 又、その後に判ったことですが、庵野監督は精神的に壊れてしまったということで、そこで「ヱヴァ」は一旦止まってしまいました。 そして、そこで製作されたのがあの 「」でしたが、誤解を恐れずに言えば、あれは「ゴジラ」ではなく「ヱヴァ」でしたよね。 ゴジラはどう見ても使徒ですし、石原さとみさんの役柄はまんまアスカでした(笑) ただ、「シン・ゴジラ」を観てホッとしたのは、そこには諦めずに戦って困難に立ち向かう人々の姿が描かれていたからです。 それこそ「逃げちゃ駄目だ」を乗り越えて、「ゴジラ」という3. それだけに、完結編となる 「」がどんな内容になるのが非常に気になりますね。 ただ、現在の状況から予定通り6月27日に公開されるのかどうかは微妙かもしれませんが、それでも楽しみなことには変わりはありません。 それと、5月16日の「大投票」ですが、こちらも生放送出来るのでしょうかね? これまではゲストや声優さんをスタジオに集めてトークとか生アフレコとかやっていましたが、それと同じスタイルでのオンエアは恐らく無理でしょう。 どういう構成になるのかが気になりますが、こちらも楽しみなことには違いありません。

次の