遊戯王 ヴァレット デッキ レシピ。 遊戯王 除去ヴァレットデッキレシピヴァレット【ビートダウン】

遊戯王 ドラグヴァレットデッキレシピ【ビートダウン】

遊戯王 ヴァレット デッキ レシピ

【ヴァレット】デッキとは。 カード効果・相性の良いカード・デッキレシピを紹介! 2017年7月6日に発売される【サーキット・ブレイク CIBR 】より新しく【ヴァレット・ドラゴン】というデッキタイプが登場しました。 恐らく名前的に遊戯王VRAINSより登場する『リボルバー』が使いそうなカテゴリーですが新しい闇属性のドラゴン族という点でも大きな点になりそうです。 特に今回の効果モンスターの多くはリンクモンスターをサポートするのが大きな特徴となっている様子。 なので非常に気になる効果があるというよりも大型のカードを活かすのが特徴となりそうですね。 主にバレット 弾 のように装填すると言う意味で、リリースし、戦闘か効果で墓地に送られたターンにデッキから『ヴァレット』モンスターを特殊召喚出来るリクルート効果を持っています。 この効果は、《マグナヴァレット・ドラゴン》《オートヴァレット・ドラゴン》《アネスヴァレット・ドラゴン》の3体全てが持っており元々がリリースか、自身の効果で破壊しリクルートする事が前提のデッキのようでした。 また共通効果として リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊した後の追加効果。 そして このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズにデッキからそのヴァレットモンスター以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚するという効果があります。 このカード名の1・2の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから《その【ヴァレット・ドラゴン】のカード名》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、フィールドの表側表示のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は、500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動出来ない。 3 :このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ時発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地に送られる。 今回の『サーキット・ブレイク CIBR 』にて登場した新しいリンクモンスターですが、効果が非常に強く戦闘を行なえばコントロールを得るという効果を持っています。 勿論そっちが強いので考察したいのですが、《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果で重要なのはそっちでは無く、2のフィールドの対象を取る効果でしょうか。 この効果で強制的に【ヴァレット・ドラゴン】達の効果を使い切り、《マグナヴァレット・ドラゴン》を自壊。 そしてその後、各種ヴァレット効果を使うのがこのデッキの特徴と言えそうです。 現状【ヴァレット・ドラゴン】のエースというわけでは無いのですが、 対象に取っているというリンクモンスターの1枚であり注目される事になるでしょう。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから《マグナヴァレット・ドラゴン》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。 【ヴァレット・ドラゴン】の下級モンスターであり重要な効果であるモンスターを選んで除去するという効果を持っています。 攻守が今回優秀なので積極的に前線に出したいのですが、元々展開する手段が現状ないので 《クイック・リボルブ》や、《スクイブ・ドロー》を使用しての除去がメインになる可能性がありそうです。 しかし、デッキからヴァレットモンスターを持ってこれるので破壊する手段を同時に入れるというのが結構アリなのかもしれません。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後フィールドの魔法・罠カード1体を選んで墓地に送る。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから《オートヴァレット・ドラゴン》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。 こっちは選んで破壊するのが魔法罠になっています。 一応これらのカードの中では非常に便利な除去と言えますが、魔法罠の除去だけであれば他のカードでも出来るので、あまり採用は控えたいところ。 ですが現状ヴァレットモンスターは少ないのでこのカードも採用して《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果を使う弾として使いたいです。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。 そのモンスターは攻撃出来ず、効果は無効化される。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから《アネスヴァレット・ドラゴン》以外の『ヴァレット』モンスター1体を特殊召喚する。 一応攻撃力が0なので惜しいですが、守備力が何気に2200とデメリットも無いのにレベル1では非常に高い守備力を保有しているカードです。 このカード効果は相手の効果を止めて効果を発動出来なくされる効果を持っていますが、相手の動きに合わせて止めれるのが強力な感じでしょうか。 特に《マグナヴァレット・ドラゴン》の効果で先にモンスターを除去しても良いですが、【ヴァレット・ドラゴン】の効果を考えると《オートヴァレット・ドラゴン》を次のターンにリクルートし魔法罠を除去するなんて手段も可。 これを利用して、破壊する事が出来るので相性は良さそうです。 ただし《ヴァレルロード・ドラゴン》等も一緒に流してしまうのでその点は注意したいですね。 その数値分だけ自分のLPを回復する。 ターン終了時まで、そのモンスター2体の内1体の攻撃力を半分にし、 その数値分もう1体の攻撃力をアップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 また打点を上げる事が裁定で出来ればそのまま打点を上げて《バイナル・ソーサレス》と《マグナヴァレット・ドラゴン》の攻撃力を上げて2500打点で攻撃する+相手のモンスターを除去する事が出来ます。 しかし、ヴァレットには元々リクルート効果があるので若干使いづらいかもしれません。 まとめ ヴァレットにも展開力が欲しいけどどうなる? 今回はヴァレットデッキを紹介しましたが現状まだまだ改善の余地があるカテゴリーという印象でした。 特に《ヴァレルロード・ドラゴン》と合わせるというコンセプトは今までに無かったもので、そこからどう展開するかが勝負の鍵を握っていそうです。

次の

【遊戯王】デッキレシピ:2位 / ヴァレット / 棗

遊戯王 ヴァレット デッキ レシピ

1 :このカードが手札・墓地に存在する場合、LPを半分払い、自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、レベルが対象のモンスターのレベル分だけ下がり、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。 3 7 1200 2800 このカード名の、 1 の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドにが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。 2 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから1体を手札に加える。 1 4 1900 100 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードを対象とするの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから以外の1体を特殊召喚する。 3 4 1600 1000 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、デッキから以外の1体を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はしかEXデッキから特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 4 1800 1200 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードを対象とするの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから以外の1体を特殊召喚する。 2 4 1700 1400 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードを対象とするの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、このカードが存在していたゾーンと同じ縦列の相手のカードを全て破壊する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから以外の1体を特殊召喚する。 3 3 0 1800 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。 その効果を無効にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 装備されているこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 2 500 200 このカードを手札から墓地へ送って発動する。 このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 は1ターンに1度しか発動できない。 1 1 0 0 1 :このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・1体を対象として発動できる。 そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はしかEXデッキから特殊召喚できない。 1 1 0 0 このカードを手札から墓地へ送り、相手フィールド上に表側表示で存在する効果モンスター1体を選択して発動する。 選択した相手モンスターの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。 この効果は相手のメインフェイズ時のみ発動する事ができる。 1 制限 自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。 1 制限 相手のフィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。 1 制限 自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚手札に加える。 1 制限 自分または相手の墓地からモンスター1体を選択して発動する。 選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。 1 にのみ装備可能。 の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 2 :自分メインフェイズにこの効果を発動できる。 デッキからドラゴン族の1体を選び、このカードの装備モンスターに装備カード扱いとして装備する。 3 1 :デッキから1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 2 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :カード名を1つ宣言して発動できる。 宣言したカード1枚をデッキから除外する。 ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。 3 1 :相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。 次のターン終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。 3 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのの攻撃力・守備力は300アップする。 2 :自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。 1 自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードは手札からも発動できる。 1 :相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。 セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。 1 :自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 1 8 3000 2500 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の 3 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地から1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 2 :このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 3 :相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 1 6 500 2200 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードは、カードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。 その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。 2 :このカードがS召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。 カードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その1体をEXデッキから融合召喚する。 1 4 600 1000 +チューナー以外のモンスター1体以上 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。 2 :モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードをリリースして発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。 1 3 500 2200 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがS召喚に成功した場合、自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 2 :このカードをS素材としたは、フィールドに表側表示で存在する限りとして扱う。 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードは戦闘では破壊されない。 2 :1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示にする。 このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。 ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。 LINK - 4 1 - 3500 - 効果モンスター3体以上 このカード名の 3 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、モンスターの効果の対象にならない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 LINK - 5 1 - 1000 - を含む2体 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :手札を1枚捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果でを破壊した場合、さらにそのリンクマーカーの数まで、自分の手札・墓地からを選んで特殊召喚できる(同名カードは1枚まで)。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンク2以下のモンスターをEXデッキから特殊召喚できない。 LINK - 2 1 制限 - 1500 - 1体以上を含むモンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキからレベル3以下の1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 2 :相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。 EXデッキからの1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 LINK - 2 1 - 2400 - トークン以外のモンスター2体以上 1 :1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。 2 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。 3 :このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、手札から1体を特殊召喚できる。 この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。 LINK - 3 1 制限 - 900 - リンク2以上の1体 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 そのリンク素材としたのリンクマーカーの数まで、自分フィールドに(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はをリンク素材にできない。 LINK - 1 1 - 1200 - トークン以外のドラゴン族・2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから・罠カードまたは1枚を手札に加える。 2 :がEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に発動できる。 手札からドラゴン族・1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。 LINK - 2 2 - 1000 - 1体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから1枚を手札に加える。 2 :自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。 LINK - 1 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードはモンスター効果の対象にならない。 2 :1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。 LINK - 4 閲覧数 231 評価回数 0 評価 0 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の

遊戯王 除去ヴァレットデッキレシピヴァレット【ビートダウン】

遊戯王 ヴァレット デッキ レシピ

の2つが大きな変更点かなと思ってます。 では、「破壊剣士の守護絆竜」を入れた「バスター・ブレイダー」デッキがこちらになります。 これらを揃える下準備としては・・・ 「破壊剣士の伴竜」は、「ワンチャン!?」によるサーチや「星遺物の守護竜」で墓地からのサルベージを使ったり、 「バスター・ブレイダー」は、「竜破壊の証」でのサーチや「」、「破壊剣士の揺籃」で墓地へ落とすことで、基本の布陣へ繋がります。 なお、シンクロの布陣を作った後でも、この形は狙えます。 「破壊剣士の伴竜」ルート 「破壊剣士の伴竜」スタートでは、エクストラ封じの布陣まで手順は一緒です。 そのモンスターをする。 自分の墓地の「破壊剣」モンスター1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 「破壊剣士の揺籃」ルート 「破壊剣士の揺籃」ルートでは、「破壊剣士の伴竜」で「破壊剣士の揺籃」をサーチして、「破壊剣士の伴竜」を素材に「リン」をリンク召喚。 そして「破壊剣士の揺籃」をセットしておくだけになります。 (場面としては、自分の場に何もないところを想定してます。 自分の・墓地から「破戒蛮竜-バスター・ドラゴン」1体を選んでする。 この効果でしたモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。 という手順になります。 なお、「破壊剣士の揺籃」のコストとして送る「破壊剣」カードですが、墓地から回収できる効果がある「破壊剣士の伴竜」や、も視野に入れるならば「破壊剣士融合」、「破壊剣の追憶」といったカードを落としておくといいでしょう。 「破壊剣士の揺籃」の欠点としては、罠カードのため発動が遅く、エクストラ封じの布陣が少し狙いづらいですが、墓地からもできるので、「破壊剣士の伴竜」ルートで作った「破戒蛮竜-バスター・ドラゴン」を蘇生できるカードとして、使えるとベストです。 ちなみに「破壊剣士融合」は、「破壊剣士の伴竜」でサーチしたり、「破壊剣士の揺籃」で墓地へ落として、カード効果により手札を1枚切ってサルベージしておくと、持ってこれます。 本編では今回作ったデッキのことについて述べませんでしたが、簡単に言うと「ヴァレット・シンクロン」などの「ヴァレット」関連でリンクモンスターを作り、そこから「バスター・ブレイダー」の動きという感じにしてます。 そんな感じで、もし興味があれば作ってみてくださいね! ではこのあたりで「バスター・ブレイダー」デッキの紹介を終わりたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の