地 縛 少年 花子 くん シジマメイ。 花子くん司くん

地縛少年花子くん【最新第55話】ヨマイゴトのネタバレと感想!

地 縛 少年 花子 くん シジマメイ

【地縛少年花子くん:55話】最新話のネタバレ メイ「あなたが わたしの描いた絵・・・?」 テーブルに押さえつけられて、ナイフを突きつけられているメイはシジマを見つめます。 自分は死んでしまうのかと尋ねるメイ。 シジマは少し空白を開けながらも、自分はメイの苦悩を知っていることを話し始めます。 不安や恐怖で眠れない夜もメイの側にいたシジマ。 シジマはメイの望む未来は来ず、死んでしまうことを伝えました。 寧々「やめて!!」 寧々はシジマの腕を掴んで制止します。 顔を青くして、なぜそんなことを言うのかとシジマを問い詰める寧々。 しかしシジマは寧々を突き飛ばし、理解してもらわなくていいと冷たく言い放ちました。 尻餅をついている寧々を見下ろすシジマ。 シジマは怪異と生者はわかりあえないことを寧々に話しました。 メイを救わなければと使命感を持っているシジマ。 そんなシジマの姿に、寧々は花子くんの姿を重ねました。 間一髪!逃げるメイ 寧々の隙をついて、再びメイにナイフを向けるシジマ。 寧々は急いで止めようとしますが、位置が遠くて間に合いません。 ナイフの刺さる音が鈍く響きます。 寧々は思わず両目を強く瞑りました。 メイ「やー 危ない危ない」 間一髪シジマのナイフから逃れていたメイ。 シジマは舌打ちをして、もう一度ナイフを振り上げます。 しかしシジマの腕はメイに掴まれ、メイは簡単にシジマをひっくり返しました。 形成逆転でテーブルに背中をつくシジマ。 メイはシジマのブレザーにナイフを刺しました。 シジマの鼻を人差し指で軽く突っついた後、満面の笑みを浮かべるメイ。 メイに自分のことをすごく好きみたいだと指摘され、シジマは呆気にとられました。 急に崩れ始める建物。 メイは寧々の手を取り、逃げていきました。 シジマ「どうして・・・!」 シジマはメイに手を伸ばしますが、メイはどんどん離れていってしまいました。 メイが知る、この世界の出口 建物が崩れる中、メイと寧々は2人で走っていきます。 メイに、どこに行くのか尋ねる寧々。 メイ「この世界の出口ですよぉ」 その言葉を聞いて、寧々は感心しました。 この世界は自分の見ている夢なのだと解説するメイ。 自分が目を覚ませば、寧々も元の世界に戻れるとメイは説明しました。 メイと寧々がたどり着いた先には、空へと続く階段がありました。 メイが先に登り、寧々は透けた階段を不安そうに登ろうとします。 しかし寧々の足は階段を通り抜けてしまいました。 メイの手を掴んで、なんとか落ちずに済んだ寧々。 寧々「足が太いから?!」 ブルブル震えて動揺する寧々。 メイは、自分と寧々は帰る場所が違うのかと冷静に考えました。 寧々に別れを告げるメイ。 寧々はメイの手を強く握り、怖くないのかと尋ねます。 メイは一瞬驚いた後、涙を浮かべる寧々の頭に優しく手を置きました。 メイは寧々は未来から来たのだろうかと予想します。 寧々の反応を見て自分の予想が当たっていることを悟ったメイ。 メイは寧々から手を離します。 メイ「もしそうなら・・・」 何かを伝えようとしたメイの言葉を遮り、シジマがメイを止めるために叫びます。 行かないでくれと懇願するシジマ。 無意味な虚構でいたくないと嘆くシジマに、メイは駆け寄ります。 そしてシジマの頬を両手で包むメイ。 メイはシジマがいるから目を覚ますんだと伝えます。 メイ「生きていけるんです」 シジマは大きく目を見開き、涙を浮かべました。 シジマを励まし、お礼を言ってから階段を上っていくメイ。 遠ざかるメイの後ろ姿を、シジマは黙って見守っていました。 メイはこれからどうする? ミツバ「起きろ大根」 ミツバの失礼な発言によって目を覚ました寧々。 寧々は状況を把握できず、疑問符をたくさん浮かべます。 ミツバは光に寧々が起きたことを報告しました。 光は明るい笑みを浮かべて、寧々に駆け寄ります。 どうやってここに入ってきたのか尋ねる寧々。 ミツバは話せば長いと前置きして、自分たちの後ろを見るように手を指しました。 ミツバ「四番召し捕ったりー!」 そこには吊るされているシジマの姿がありました。 誇らしげな表情を浮かべるミツバと光。 シジマはため息をついた後、持っていたナイフでロープを切って抜け出しました。 これからどうするのかと寧々に問うシジマ。 寧々は少し考え込んだ後、花子くんに会いに行くと決断しました。 無料かつリスクなしで画バレを楽しみたくないですか? もしもそう思ってしまったなら、U-NEXTの無料登録特典を使えばあなたの希望が叶います。 U-NEXTは登録時に31日間無料+600円分のポイントプレゼントキャンペーンがあり、それで 月刊Gファンタジー2019年7月号or好きな単行本1冊が無料で読めます。 さらに話題の最新アニメ作品等も見放題で最新話を配信中です。 ぜひ、こちらで無料登録してお楽しみください。 感想 メイはシジマに殺されることなく、現実世界に帰っていきました。 メイは自分がいる世界が夢であることを自覚して、自由自在に操っています。 現実世界では不便を強いられている分、夢の中では好きなように行動しているのかもしれませんね。 シジマに希望を打ち砕かれても、生きることを諦めないメイはかっこいいです。 寧々はメイのために奔走するシジマの姿に花子くんの姿を重ねますが、あながち間違いではない気がします。 メイに出会ったことで、花子くんに会いたいことができた寧々。 寧々は花子くんに何を伝えるのでしょうか。

次の

【地縛少年花子くん】七不思議まとめ!怪異相関図も!

地 縛 少年 花子 くん シジマメイ

【地縛少年花子くん:55話】最新話のネタバレ メイ「あなたが わたしの描いた絵・・・?」 テーブルに押さえつけられて、ナイフを突きつけられているメイはシジマを見つめます。 自分は死んでしまうのかと尋ねるメイ。 シジマは少し空白を開けながらも、自分はメイの苦悩を知っていることを話し始めます。 不安や恐怖で眠れない夜もメイの側にいたシジマ。 シジマはメイの望む未来は来ず、死んでしまうことを伝えました。 寧々「やめて!!」 寧々はシジマの腕を掴んで制止します。 顔を青くして、なぜそんなことを言うのかとシジマを問い詰める寧々。 しかしシジマは寧々を突き飛ばし、理解してもらわなくていいと冷たく言い放ちました。 尻餅をついている寧々を見下ろすシジマ。 シジマは怪異と生者はわかりあえないことを寧々に話しました。 メイを救わなければと使命感を持っているシジマ。 そんなシジマの姿に、寧々は花子くんの姿を重ねました。 間一髪!逃げるメイ 寧々の隙をついて、再びメイにナイフを向けるシジマ。 寧々は急いで止めようとしますが、位置が遠くて間に合いません。 ナイフの刺さる音が鈍く響きます。 寧々は思わず両目を強く瞑りました。 メイ「やー 危ない危ない」 間一髪シジマのナイフから逃れていたメイ。 シジマは舌打ちをして、もう一度ナイフを振り上げます。 しかしシジマの腕はメイに掴まれ、メイは簡単にシジマをひっくり返しました。 形成逆転でテーブルに背中をつくシジマ。 メイはシジマのブレザーにナイフを刺しました。 シジマの鼻を人差し指で軽く突っついた後、満面の笑みを浮かべるメイ。 メイに自分のことをすごく好きみたいだと指摘され、シジマは呆気にとられました。 急に崩れ始める建物。 メイは寧々の手を取り、逃げていきました。 シジマ「どうして・・・!」 シジマはメイに手を伸ばしますが、メイはどんどん離れていってしまいました。 メイが知る、この世界の出口 建物が崩れる中、メイと寧々は2人で走っていきます。 メイに、どこに行くのか尋ねる寧々。 メイ「この世界の出口ですよぉ」 その言葉を聞いて、寧々は感心しました。 この世界は自分の見ている夢なのだと解説するメイ。 自分が目を覚ませば、寧々も元の世界に戻れるとメイは説明しました。 メイと寧々がたどり着いた先には、空へと続く階段がありました。 メイが先に登り、寧々は透けた階段を不安そうに登ろうとします。 しかし寧々の足は階段を通り抜けてしまいました。 メイの手を掴んで、なんとか落ちずに済んだ寧々。 寧々「足が太いから?!」 ブルブル震えて動揺する寧々。 メイは、自分と寧々は帰る場所が違うのかと冷静に考えました。 寧々に別れを告げるメイ。 寧々はメイの手を強く握り、怖くないのかと尋ねます。 メイは一瞬驚いた後、涙を浮かべる寧々の頭に優しく手を置きました。 メイは寧々は未来から来たのだろうかと予想します。 寧々の反応を見て自分の予想が当たっていることを悟ったメイ。 メイは寧々から手を離します。 メイ「もしそうなら・・・」 何かを伝えようとしたメイの言葉を遮り、シジマがメイを止めるために叫びます。 行かないでくれと懇願するシジマ。 無意味な虚構でいたくないと嘆くシジマに、メイは駆け寄ります。 そしてシジマの頬を両手で包むメイ。 メイはシジマがいるから目を覚ますんだと伝えます。 メイ「生きていけるんです」 シジマは大きく目を見開き、涙を浮かべました。 シジマを励まし、お礼を言ってから階段を上っていくメイ。 遠ざかるメイの後ろ姿を、シジマは黙って見守っていました。 メイはこれからどうする? ミツバ「起きろ大根」 ミツバの失礼な発言によって目を覚ました寧々。 寧々は状況を把握できず、疑問符をたくさん浮かべます。 ミツバは光に寧々が起きたことを報告しました。 光は明るい笑みを浮かべて、寧々に駆け寄ります。 どうやってここに入ってきたのか尋ねる寧々。 ミツバは話せば長いと前置きして、自分たちの後ろを見るように手を指しました。 ミツバ「四番召し捕ったりー!」 そこには吊るされているシジマの姿がありました。 誇らしげな表情を浮かべるミツバと光。 シジマはため息をついた後、持っていたナイフでロープを切って抜け出しました。 これからどうするのかと寧々に問うシジマ。 寧々は少し考え込んだ後、花子くんに会いに行くと決断しました。 無料かつリスクなしで画バレを楽しみたくないですか? もしもそう思ってしまったなら、U-NEXTの無料登録特典を使えばあなたの希望が叶います。 U-NEXTは登録時に31日間無料+600円分のポイントプレゼントキャンペーンがあり、それで 月刊Gファンタジー2019年7月号or好きな単行本1冊が無料で読めます。 さらに話題の最新アニメ作品等も見放題で最新話を配信中です。 ぜひ、こちらで無料登録してお楽しみください。 感想 メイはシジマに殺されることなく、現実世界に帰っていきました。 メイは自分がいる世界が夢であることを自覚して、自由自在に操っています。 現実世界では不便を強いられている分、夢の中では好きなように行動しているのかもしれませんね。 シジマに希望を打ち砕かれても、生きることを諦めないメイはかっこいいです。 寧々はメイのために奔走するシジマの姿に花子くんの姿を重ねますが、あながち間違いではない気がします。 メイに出会ったことで、花子くんに会いたいことができた寧々。 寧々は花子くんに何を伝えるのでしょうか。

次の

花子くん on Tumblr

地 縛 少年 花子 くん シジマメイ

地縛少年花子くん【最新第55話】ヨマイゴトのネタバレ 地縛少年花子くん【最新第55話】ヨマイゴト 初めて顔を合わせた四島メイとシジマメイ。 四島は、自分が死んでしまうのかとシジマに訊いた。 シジマは、四島がどれだけ苦しんでいたのか知っていた。 そして、未来を信じていた四島に対して、あなたの望む未来はやってこないと言う。 そこへ八尋が止めに入るが、シジマに突き飛ばされてしまう。 シジマは、四島を救わなくてはいけないと言った。 シジマはナイフを振り下ろす。 しかし、シジマのナイフは四島に避けられてしまった。 シジマはもう一度攻撃するが、今度は四島に返り討ちにされてしまう。 四島は笑顔で言った。 あなたって私のことすごく好きみたいですね。 シジマがあっけにとられていると、病院が崩れだす。 四島は、八尋の手を引き、この世界の出口へと向かう。 ここは四島が見ている夢の世界。 四島が目を覚ませば八尋は元の世界に戻れると言う。 外に出ると、そこには空へと続く階段が。 四島と一緒にその階段を上ろうとする八尋。 しかし、八尋が上ろうとしても足がすり抜けてしまい上ることができない。 どうやらこの階段の先には四島メイの現実があり、八尋の帰る場所が違うようだった。 四島メイの現実とは、自分が死ぬということ。 四島はそれを受け入れ、八尋に別れを告げた。 その時、シジマがやってくる。 シジマは、四島の存在を傷つけてしまう自分がいるわけにはいかないと言った。 四島は、そんなことはないと言い、あなたがいるから生きていけるんだと笑う。 四島は、シジマに会いに来てくれてありがとうと言い、階段を上っていく。 遠ざかっていく四島の背中を、シジマはずっと見つめていた… 八尋が目を覚ますと、目の前には光とミツバがいた。 そこにはシジマもいて、もうすぐ死んじゃう八尋さん、あなたはこれからどうするの? と訊く。 八尋は、花子くんに会いに行くと言った。 スポンサーリンク 地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を無料で読む 地縛少年花子くん【最新第55話】ヨマイゴト のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXT という動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 31日間無料でサービスを利用できる! 登録時に 600円分のポイントがもらえる! 動画や雑誌の見放題サービスもあり! 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし! 無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに 「月刊Gファンタジー最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。 無料で楽しむには注意することもあります。 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない• 無料期間内に解約の手続きをする これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。 今回のお話を簡単にまとめると、• 四島メイは自分の死を受け入れた。 シジマは自分が虚構ではなく、存在価値があると思うことができた。 元の世界に戻った八尋は、花子くんに会いに行くことを決める。 という内容でした。 自分の存在が四島の害でしかないと思っていたシジマでしたが、四島本人に存在価値があることを伝えられたときは、つらい呪縛から解き放たれたような顔をしていました。 シジマもこれでもう自分を責めることが無くなったので良かったですね。 でも、せっかく打ち解けた四島とシジマでしたが、すぐにお別れとなってしまったのがなんとも悲しかったです。 そして花子くんに会いに行くことを決めた八尋。 花子くんに言いたいことができたと言いますが、それはいったい何なんでしょう? 次回も楽しみですね。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 続きはこちら!

次の