鍵を隠したカゴのトリ【感想】

カゴ の を 隠し た トリ 鍵

自由奔放で、学校に来るのも気まぐれ。 現場に落ちていた夜の髪留めを見て、落ちていた包丁を自分の鞄に隠し、夜を庇っていただけでした。 どのヒロインもトラウマを抱え、主人公との出会いから徐々に回復に向かっていきます。

15
今回の物語、事件共にタイトル通り鍵を握る少女。

鍵を隠したカゴのトリ【感想】

カゴ の を 隠し た トリ 鍵

時は流れ、主人公とみおんは結婚。

17
陽太と出会うことで世界の見え方が変わり、未来を見据えて生きていこうとする姿は、最初とはガラッと変わっていました。

[200925] 鍵を隠したカゴのトリ

カゴ の を 隠し た トリ 鍵

sinです。 いかがだったでしょうか。 sin. 残りは…気が向いた時にでもプレイしましょうか. 父をよく思って居らす、母も不在。

16
甘ラブ系といった感じではないです。

『鍵を隠したカゴのトリ』感想

カゴ の を 隠し た トリ 鍵

この作品は度重なる延期が続いたことで有名でしたが、実際作品的にはどうだったかと言うと、簡素になりますが、 普通、という感想になりましたね。 あとこいつがキツイ。

19
しかし、彼女の自供を信じれる訳もなく、本当に犯罪を犯したのか、誰かの罪を被ろうとしているかと主人公が苦悩するお話です。 事件は解決しましたが、それでも5人は屋敷に居続けることを決めます。

[200925] 鍵を隠したカゴのトリ

カゴ の を 隠し た トリ 鍵

伊鶴は、愛人の娘という設定にプラスして、母親からも捨てられたという背景もあり、捻くれた感じの性格。 母親をよく思っておらず、透子たちを信頼している。 確かに考察できるところもあり、先が気になる展開でしたが、透子が無駄に尺稼ぎしているように感じてしまい、作品としての分厚さはあまり感じませんでした。

5
お互いを認め合い、支え合いながらも、残りの学園生活を過ごしていこうと笑い合い、今度こそ納得の良く終わりを迎えるのでした。 透子の罪を被り自分が殺人犯だということにして、両親に一矢報おうと考えたのですね。

鍵を隠したカゴのトリ【感想】

カゴ の を 隠し た トリ 鍵

ヒロインと主人公が疑似家族形成する展開が好きだから買ったけど、肝心の事件の真相が死ぬほどお粗末で泣いた。 夜が犯人ではないことは確実なのですが、誰かに夜は嵌められてしまったということでしょうか。

16
雑感 1つの殺人事件を中心に巻き起こるヒロイン救済もの。

『鍵を隠したカゴのトリ』感想

カゴ の を 隠し た トリ 鍵

『鍵を隠したカゴのトリ』の ネタバレを含んだ感想記事になります。 どうしても主人公が語る透子の人間像と、「一度でいいから殺してみたかった」と自供する透子の発言が、当てはまりません。 今作は、期待と少し反していましたが、事件の結末を見て腑に落ちたシーンもあったりしたので、サスペンス系が好きな人はプレイしてみてもいいかもしれません。

12
ですが、主人公の説得により、自分の居場所をようやく見つけ、馬鹿げた計画は止めるのでした。 事件のとは別のところで片棒を担いでいた人物。