シャドバ 元ネタ。 【シャドバ】モーターグレイブディガーの評価と採用デッキ【シャドウバース】

【シャドウバース】十禍絶傑の元ネタ、設定は?

シャドバ 元ネタ

Contents• 「マリガン」とは? 「 マリガン」とは「 ゲーム開始時 に行われる手札交換」のことです。 多くのカードゲームで採用されているシステムで、最初に引いた手札が気に入らなかった場合に行う手札の交換を「マリガン」といいます。 ただしこの「マリガン」は無制限にできるわけではなく、ゲームにより回数が決められています。 例えば『シャドウバース』では「マリガン」の回数は一度だけと決められているので慎重な「マリガン」が求められます。 「マリガン」の由来・元ネタは? カタカナ用語の由来は英語であることが多いですが、「マリガン」には元になった単語が存在しません。 実は「マリガン」はゴルフ用語で人名に由来する言葉です。 ゴルフではスタートホールのティーショットでミスショットをしてしまった場合、その1打目のショットを無かったことにすることを「マリガン」といいます。 もちろん正式なルールではないプライベートルールですが、仲間内などでは行われることがあります。 このゴルフにおける「マリガン」は、多忙を極めるアメリカ人の「マリガン」さんが1打目のショットを毎回ミスしていたのを友人の計らいで特別に1打目のやり直しが許されるようになったというのが由来となっています この1打目の打ち直しという意味の「マリガン」から転じて、カードゲームにおいても最初の手札を引き直すことを「マリガン」と呼ぶようになりました。 次は「マリガン」の使い方をみていきます。 「マリガン」の使い方・例文 「マリガン」は以下のように使われます。

次の

シャドバースでよく聞く『マリガン』とは?意味、元ネタ、使い方を解説!|ワードバンク

シャドバ 元ネタ

ソードは7,8が登場。 大アルカナが22枚小アルカナが13枚 合計35枚 追加され、クラス事にレジェゴールドシルバーに1枚ずつアルカナ追加で27枚。 35-27で残り8枚残る。 Lv80 アルカナカードの考察は一応した。 大アルカナ《塔》出ていたの忘れてた。 おそらく正位置だけ。 正位置:慈悲、連帯・協調性、信頼、尊敬、優しさ、思いやり、自信、法令・規律の遵守、人徳。 逆位置:束縛、躊躇、不信感、独りよがり、逃避、虚栄、怠惰、お節介、固着 某両生類さんのアルカナ考察はビックリした。 《吊るされた男》あたりはほんと震えた。 長尺だけど是非見て。 《塔》が相当嬉しかったんだろうな。 某空気さんのアルカナ特別編はアディショナル後? 今から超楽しみ。

次の

「淫夢バース」・かなしぃの面白い動画・元ネタまとめ

シャドバ 元ネタ

そのほかのおすすめ記事• 初心者向け記事• いまさら聞けないシャドバ講座 いまさら聞けない『シャドウバース』に関する攻略情報や豆知識を解説するコーナー。 相手リーダーの体力のことで「顔を殴る」のように使われる。 盤面 フォロワーやアミュレットが出ている場のこと。 「盤面無視で顔を殴る」というのは、相手の場に出ているフォロワーの処理よりも相手リーダーの体力を削ることを優先した場合のこと。 「盤面を取る」などの使いかたもされる。 マリガン 最初に行われる手札交換のこと。 ここで勝負が決まると言っても過言ではない。 相手リーダーのクラスも考慮して最適なカードを選択すべし。 リーサル すでに勝利が確定している状態のこと。 つねに盤面と手札を確認し、勝機を逃さないようにするべし。 相手の大型フォロワーばかりに気を取られているとリーサルを逃してしまうかも……!? デッキアウト 自分のデッキが0枚の状態でドローしたときのこと。 デッキアウトすると、そのバトルに敗北する。 デッキの種類 アグロ 低コストのフォロワー主体で構成されたデッキ。 序盤に低コストフォロワーで畳みかけ、短期決戦を目指す。 そのため、序盤~中盤に盤面を取ることが得意なミッドレンジ系が苦手。 動き出しが遅いコントロール系には強い。 ・ ・ フェイス ほぼアグロと同義語。 イメージとしては、アグロは盤面処理もする。 フェイスは盤面無視で相手のフェイス(顔)を狙っていくデッキらしい。 ・ ミッドレンジ 4コスト~6コストのフォロワーの層が厚いデッキ。 序盤から盤面有利を取り、そのまま押し切っていく。 盤面力が下のアグロ系を得意とし、攻めにくいコントロール系を苦手とする。 ・ ・ コントロール 高コストのカードを多く搭載したデッキ。 守護や除去カードで中盤までを凌ぎきって、相手の手札が減ってきたころに高コストフォロワーで一気に攻めこむスタイル。 真価を発揮する前に倒されるアグロ系は苦手だが、ミッドレンジ系には強い。 ・ ・ ランプ カード効果でPPを増やして戦うデッキ。 2016年11月現在、カードの効果でPPを増やせるのはドラゴンのみのため、ランプと言えばドラゴンデッキ。 ・ その他 先ドロー警察 ニコ生で『シャドウバース』の配信をしているとたびたび遭遇する存在。 おもに超越ウィッチを使用していると「いまのは先にドローでしょ」とカードをプレイする順番を間違えた際に、どこからともなくやってくる。 「リーサル逃した」「そこは進化一択」など、さまざまなプレイミスを取り締まっている。 シャドバの腕を上げるためにも、心の中に先ドロー警察を雇うといいとかなんとか。 リンゴン ベルエンジェルのカードボイスであり彼女の愛称でもある。 代表的な用語を覚えておけば、「リーサル? あぁ。 リーサルね、うん。 あれでしょあれ。 用語を覚えた後は実践あるのみですね。 初心者向け記事•

次の