ここ から 湯島 天神。 湯島天神で梅まつりと落語を見ながら春を待つ!日曜早朝に行く小さな贅沢コース。in 湯島天神〜上野エリア

湯島天神初詣レポ。元旦の参拝・御朱印の待ち時間や混雑状況など【2019

ここ から 湯島 天神

東京都文京区にある 『湯島天神 湯島天満宮 』。 全国各地から受験生やそのご家族が、 合格祈願のお参りに訪れる神社としても有名ですね。 我が家の長女は現在中2。 受験は来年ですが、今年は学業に力を入れる一年となることから、初詣は『湯島天神』と決めておりました。 正月三が日。 『湯島天神』は 約35万人~40万人の参拝者が予想されるとのこと。 受験生は特に時間を無駄にはできませんから、初詣はできるだけ空いている時間に行きたいものですね。 『湯島天神』の初詣、いつ行くのがベストなのでしょう? 2019年1月1日 元旦。 『湯島天神』に初詣に行ってまいりましたので、その時の様子をお伝えいたします。 元旦の参拝列最後尾情報• 参拝までにかかった時間• 御朱印をいただくまでにかかった時間 ……など、まとめてみました。 初詣に行く場合はご注意下さいませ。 10分ほどで「湯島坂下」へ到着。 ここ「湯島坂下」から、『湯島天神』を目指したいと思います。 [10:51]「湯島中坂下」の様子 10:50頃の 「湯島中坂下」交差点。 人手ははまばら、といった感じです。 道路の一部が、参拝者用になっています。 要所要所に警備の方も立っておられましたし、参拝順路の立て看板もありました。 [10:55]「三組坂下」の様子 「三組坂下」を右折。 ここからはゆるやかな上り坂が続きます。 [10:57]三組坂上の様子 坂を登りきると 「三組坂上」なんですが、うっかりお写真撮り忘れてしまいました。 「三組坂上」交差点で反対側から来る方なども合流し、人が多くなってきました。 [10:59]『湯島天神』参拝列最後尾 2019年1月1日11時頃の最後尾はこちら。 ではここから、参拝の列に並んでみたいと思います。 [11:27]「湯島中坂上」の様子 参拝列に並んでから 30分弱。 「湯島中坂上」までたどり着きました。 ここまで来ると目指す『湯島天神』がほんの少し見えてくるので、ちょっとだけテンションがあがります 笑。 [11:33]湯島天神・鳥居 『湯島天神』到着。 境内はそれほど広くありませんので、鳥居をくぐってしまえば参拝までは後少しです。 参道にはたくさんの人。 そして、境内の中にも警備の方が立っていらっしゃいました。 安心して参拝できそうですね。 こちらは、手水舎横にいらっしゃる 撫で牛さま。 病気平癒にご利益があるとのことですが、初詣の際には撫でられないのが残念です。 右手には男坂へ続く鳥居が見えましたが、封鎖されているようですね。 こちらにも警備の方が立っていらっしゃいましたよ。 [11:41]湯島天神・参拝場所 参拝場所手前の案内看板によりますと、 「賽銭箱前、参道が広がります。 左右へ広がってお進み下さい」 ……とのことです。 私達が参拝場所へ入る際、「左手が空いています」との案内があったので左の列に並びます。 11:41。 みんなで参拝をさせていただきました。 湯島天神、元旦に参拝するまでにかかった時間は約40分。 2019年1月1日。 10時59分に並び始めて、参拝が終了したのは11時41分。 実際に 並んだ時間は40分でした。 「御朱印受付」は、 参拝場所の左側にありました。 「ご祈祷受付」も参拝場所の左側。 「御朱印受付」と同じ場所で行っていますが、 受付は別になっています。 「ご祈祷受付」は左側 紫 、 「御朱印・名前入れ受付」は右側 赤 の列に並びます。 [11:43]「御朱印・名前入れ受付」最後尾 『湯島天神』御朱印・名前入れの最後尾。 列の長さに一瞬ひるんでしまいまいましたが 笑。 早速並んでみようと思います。 こちらの列には「代表者1名が並ぶように」とアナウンスがありました。 並んでいる間にお連れの方が木札を買いに行っている姿も見られました。 こちらが 「御朱印・名入れの受付」入り口。 最後尾に並んで御朱印受付にたどり着くまで、 25分位経過しました。 停止位置で待ち、呼ばれたら受付となります。 用意しておくものは、• 初穂料300円• 御朱印帳 御朱印帳は書いてもらうところを開いて出します。 穂料はお釣りのないように、事前に用意しておきましょう。 受付が終わったら、 番号札を受け取ります。 札に書かれている番号はランダムです 私が番号札をいただいたのは、12:12。 最後尾に並んでから受付まで30分ほどでした。 御朱印を書き終わった順に番号が読み上げられますので、それまで受付付近で待ちます。 [12:22]御朱印をいただきました。 2019年1月1日お昼ごろ。 御朱印をいただくまでにかかった時間は約 40分でした。 合格祈願のお守りがたくさん! 『湯島天神』のお守り売り場は、先程の「御朱印受付」の隣りにあります。 合格祈願のお守りや、 学業成就鉛筆 1ダース・600円 などもありましたよ。 私達が今回購入したお守りはこちら。 左から、 「学業守 学業成就・合格祈願・800円 」「しあわせ守(800円 」「学業ランドセル守 800円 「開運貝守 300円 」。 中2の長女。 今年は絵馬は購入しませんでしたが、来年は絵馬も書く予定です。 【湯島天神・おみくじ】開運・恋・和英みくじの3種類 先程のお守り売り場の隣には「おみくじ」売り場。 「開運おみくじ 100円 」と「恋みくじ 200円 」と「和英文みくじ 100円 」の3種類ありましたよ。 私は普通の 「開運おみくじ」をひいてみました。 結果は末吉。 身の丈にあった願いなら自分の努力次第で叶えられるようですので、今年も気合を入れ直して頑張ろうと思います!! おみくじをおみくじ結び所に結んだら、そのまま 左手に進んで出口へ。 『湯島天神』を後にしました。 『湯島天神』出口を出た通りにいろんな食べ物の屋台が所狭しと立ち並んでいます。 たこ焼き・焼きそば・お好み焼き・とうもろころ・クレープなど定番の屋台。 串焼きだんご・肉巻きもちもち棒・あげまんじゅう・ケバブ・玉こんにゃくなど初めて見る屋台も! 鳥居の先にも、 甘酒などの屋台が並んでいましたよ。 『湯島天神』の屋台は、参拝後の人で賑わっていましたよ。 2019年1月1日12:36。 これから参拝される方の長蛇の列。 [12:40]「三組坂上」の様子 11時頃の参拝列最後尾は「三組坂上」手前だったんですが……。 12:40頃になると 参拝者の列は「三組坂上」交差点を超え、坂の下まで続いていました。 「三組坂下」の様子です。 列は、「三組坂下」交差点を曲がった先にまで伸びています。 [12:44]『湯島天神』参拝列最後尾 2019年1月1日12:44。 『湯島天神』初詣、参拝列最後尾。 参拝経路の地図で見るとこのあたりです。 「三組坂下」を曲がって少し行った所が、この時間の最後尾となっていました。 私達が並んだ11時頃に比べると、かなり参拝列がのびていました。 参拝に行くなら午前中がよさそうです。 2019年1月1日 元旦。 11時に参拝に伺った際に、 実際にかかった時間はこちらです。 2020年1月1日追記 【湯島天神・参拝】最後尾に並んでから参拝までにかかる時間〈まとめ〉 【2019年1月1日】• ご朱印受け取りまで 約40分 最後尾に並んでから受付まで約30分 受付~ご朱印受け取りまで約10分 2019年元旦。 御朱印受付の列は、 時間がたつに連れて列が伸びていっているようでした。 木札に名前を入れてもらう場合も同じ列に並びますので、かなりお時間がかかります。 考慮した上で、初詣にお出かけくださいませ! 2020年は御朱印帳を忘れてしまいまして。 ご朱印いただいてないので詳細な時間はわかりませんが……。 最後尾~境内を出るまで 約90分 参拝まで約40分/ ご朱印約40分 その他、お守り・おみくじ 【2020年1月1日】• 最後尾~境内を出るまで 約80分 参拝まで約55分/ 絵馬約10分 その他、お守り・おみくじ 参拝にお時間かかることは予想してましたが……。 まさか御朱印に40分かかるとは思ってなかったです 苦笑。 我が家の場合は、御朱印をいただき、お守り・おみくじを購入。 最後尾に並び始めてから境内を出るまでにかかった時間は 約90分程でした。 2020年は諸事情により御朱印いただいていてないですが、合格祈願のため絵馬を購入。 参拝最後尾にならんでから境内を出るまでにかかった時間は 約80分でした。 お手洗いは、境内の外。 お手洗いは境内の外になります。 鳥居の手前、右側にあります 境内の中にはありませんし、一度参拝の列に並ぶと列から離れるのはなかなか難しいかなと思います。 お手洗いを先に済ませてから参拝列に並ぶのが良さそうです。 『湯島天神』の初詣はなにかあと時間がかかる! 『湯島天神』の初詣。 何かとお時間かかります。 時間には余裕を持って出かけしましょう! 早い時間の方が空いているようです。

次の

湯島天神って早朝からでもお守りいただけるのでしょうか?

ここ から 湯島 天神

そういうわけで、湯島の散歩記事なんてのは雑誌からWebから死ぬほどあると思うんですけど、あえてサンポーでやる意味、みたいなのは、あるのか、ないのか。 ないか。 ないの? あってよ。 あるよ。 やろうよ。 さて、湯島ってどんな街か、と言われると、学問の街と繁華街の両面、みたいなところですかね。 学問といえば、東大がある本郷に隣接してるのと、学問の神様、湯島天神でしょ。 でも一本入るとわりと妖しい通りがあったりするんですね。 いわゆるご休憩用のホテルも意外と多いのが湯島なんですよねえ。 そんな場所を大した下調べもせずにぶらぶら歩く散歩が、今日も今日とて始まります。 湯島駅前 駅出たんですけど、あ、ちょっと行きたいところあるんです、駅前の春日通り、御徒町方面出るじゃないですか。 ちょっと歩くと、ここに 日本一旨いカレー屋であるところのデリーがあります。 最後の晩餐は何にする? みたいなこと誰からも聞かれたことないけど、もし聞かれたらデリーのコルマカレーって答えることにしています。 今度聞いてくださいね。 そのように答えますから。 でもたまにカレギュウって答えます。 春日通りは「白梅商店会」でして、白梅ってのは、あとで行きますけど湯島天神の白梅ですね、きっと。 それにしても、祭り1日から23日だって。 期間長すぎない? タケウチ。 存じ上げなかったのですが、創業100年以上の歴史をもつ精肉店さんがやっている和食やさんだそう。 子供さんが描いたんですかね。 勢い余って「竹肉」になっている。 まあ、合ってるといえば合ってる。 湯島駅の東側 さてさて、春日通りから一本入ると飲み屋街が広がっております。 珈琲とスパゲッティの間に「酒」をねじ込んでくるほどです。 空が狭い。 仮だそうです。 ひつじビルだって。 金で書くことかしら。 ちなみにひつじビルの前でネコの餌やりを禁止していました。 動物がいっぱい出てくるな、と思いました。 これは、県の形だろうか。 左下のENAは、千葉だよなあ。 カウンターだけのお店だと、かくれんぼつまんなそうだなあ。 日当たりがよさそうだった。 そうそう、春日通りの一本南の道は「学問の道」という名前がついてて、これは直進すると湯島天神に着くからなんだけど。 黒門小学校にも「学問のみち」って貼ってある。 プレッシャーがすごそう。 学問の道の注意書き、たしかに頭よさそう…… 学問の道で唯一バカっぽかったのはこれです。 湯島天神行きます?まあ、せっかくだから行きますけどね。 既婚ですけど一人で来たから男坂を選択すればいいのかな。 間違えたら学問の神の罰が当たってめちゃくちゃバカになる。 あ、そうそう、ぶどうぱんの店、舞い鶴はこのあたりです。 ここはもうテレビでおなじみなんですけど、ぶどうが死ぬほど入っているパンを売ってらっしゃいます。 これが男坂かあ。 女性もよく通っていました。 みんなバカになれ! 脇に「柳の井」という井戸があって、名水です。 飲めますし、美髪の御利益があるんだとか。 さて、石段を登りましたけども……なにやらたくさん置いてある。 ちょっと一個ずつ見ていきましょか。 講談高座発祥の地だって。 高座で演じるようになった最初ってこと? ちなみにの下谷神社は寄席の発祥の地ですね。 次は何。 ガス灯? 都内では屋外で現存するガス灯はこれだけなんですって。 泉鏡花の婦系図(おんなけいず)に出てくるガス灯だと。 新派の石碑。 歌舞伎などの古い劇に対しての新派演劇という意味で、さきの婦系図も新派の演目です。 っていう話が階段あがってすぐのところにギッチギチにあって満腹感がある。 あれ、何しに来たんだっけ。 あげまんじゅうでしたっけ。 湯島天神だったわ。 平日なのに大盛況。 外国人めっちゃ多い。 菅原道真公を祀った言わずと知れた学問の神様で、受験シーズンはさらに賑わいます。 勉強しろ! 猿も社殿に向かって直立不動でした。 勉強しろ! 落ち着いて。 このあたりは梅園ですね。 完全に時期じゃないです。 完全に、です。 「思いのまま」という梅の品種があるんだそう。 一本の枝で赤、白、絞り咲きといろんなのが咲くんだと。 寿司、焼き肉、デザート食べ放題のお店、みたいなもんですかね。 梅は時期じゃなかったのですが、菊まつりやってました。 今年は「おんな城主直虎」です。 これは、何だろう。 菊まつりのお作法が分からないのでこれが素晴らしいかどうかの判断が見事につかない。 何だろう。 あと、菊で出来た顔ハメがあったので報告です。 夫婦坂のほうから帰る。 おッ! やっとるね! 十割ってのも縁起がよろしいですな! 湯島駅の西側 さて、春日通りが見えてきました。 ここは湯島二丁目33番先。 先ってわくわくするよね。 避難場所が東京大学。 その脇におしゃぶりが置いてありました。 卒業したんでしょうか。 カフェの看板がいい。 多分ここですな。 お昼時だからか人がどんどん吸い込まれていく。 完全に入りたいやつだけど混んでたので断念。 春日通りの、湯島天神から湯島駅のほうは坂になっていて、このあたりは「切通坂」です。 昔ここの台地を切り通して道を作ったそうなんですけど、今はあんまり切通しっぽくないなあ。 ちなみに奥にそびえるやつは「湯島ハイタウン」っていうやつで、昭和44年築です。 裏から。 ところどころ室外機ないとこあるんだけど、ポロポロ落下した結果だったらやだな。 切通坂中腹には「切通公園」なんてのもございます。 漢字がいっぱいあった。 このへんの地名も「切通町」なんですね。 ギャン泣きのわりに、ボールはフワァ~って来ている気がする。 多分痛いわけではなく、びっくり泣きです。 あとは、見たこと無い遊具がある。 東大が近いからか、遊具に知性を感じる。 湯島駅の北側 切通公園を出て北へ。 左側の大層な壁は、三菱経済研究所です。 経済を研究してそうな壁でしょ。 そして正面にそびえるのは天下の東大医学部付属病院。 手術とかいっぱいしているのである。 の前にそびえる保育園。 しゅじゅちゅごっこなどが流行っているのである。 そこから湯島駅のほうへ降りる坂は「無縁坂」と呼ばれてます。 Wikipediaによれば、この坂の中腹にある講安寺がもともと無縁寺という名前だったから、だそう。 ご丁寧に無縁坂って書いてありました。 ん? あー、夏ツバキ、別名シャラか。 ギリ読めたけど、そういう割り付けする? 急に何です? どうやらマガンはスペースの役割らしい。 すごくいいお宅。 向かいの壁もすごく趣深いのですが、ずーっと続いていて広い邸宅だなあと思っていたら…… 旧岩崎邸庭園でした。 三菱財閥の岩崎弥太郎とかが住んでたところ。 戦後、GHQがここに「キャノン機関」っていう諜報機関の本部を置く話は有名です。 国鉄三大ミステリーにも関わったとか関わっていないとか、まあ、よくわかんないんですけど、たまに検索したくなるワードですよね。 キャノン機関。 上野っぽい落書きがあった。 実は湯島は文京区ですが旧岩崎邸だけギリ台東区なんです。 それを知っての落書きか。 不忍池ちょっと見る?こっちは完全に台東区だけど、せっかくだし。 池之端のあたりにある看板。 ここは中山道なんだな。 紅葉にはまだちょっと早かったけど、外国の観光客めっちゃ居る。 どうかこれに満足して帰らないで。 あと2週間くらい滞在して! ステイ! この群生感、通常運転の不忍池です。 左奥に見える高層マンションはパークタワーなんですけど、あそこ実はお呼ばれして入ったことある。 いいでしょう! 上野恩賜公園の野外ステージがあります。 壁どうしちゃったんでしょう。 ストーブに炙られたんですかね。 あとステージのほうからめちゃくちゃ水が出てるんだけど大丈夫でしょうか。 氷で出来てて、とかだったらどうしよう。 そろそろ駅のほうに帰る。 人が焼かれてそう。 駅近くの商店街。 ここ実は真ん中が区の境界で、右が文京区湯島の白梅商店会、左が台東区上野の池之端仲町商店会。 仲良いといいな…… というわけで、湯島駅に戻ってきましたとさ。 雑感えっと、湯島ね。 楽しい。 歩いてて。 こう、アレです。 このあたりはほんと散歩のボーナスステージみたいなところでして、名所、お伝えしなければいけないこといっぱいあると思うんですけど、そこは素人の私ですよ、殆ど拾えてないですから。 全然ネタバレしてないですよ。 安心してお出かけくださいね。 思ったこととしては、冒頭でも言ったことだけど、文京区の境界線であるところの湯島駅付近はやっぱりちょっと台東区の空気が浸食してるよね。 実は上野のいかがわしさを担うエリアが、ちょっと湯島寄りにあるんですよね。 それもあるのかもしれない。 東大付近の歴史感じる坂道とか、あのあたりの空気は文京区のそれなんだけどね。 ちなみに湯島にもかつて花街はあったそうです。 江戸時代は湯島天神のあたりが花街で芸者が居たらしいんですが、今回歩いてみてもそのあたりは特にいかがわしさは無かった。 あ、あと、ほんとはの方面や神田明神の裏あたりまで住所としては湯島なんですよね。 今回そっちは全然行かなかったな。 今回、住めそうなとこ殆ど出てこなかったけど、そちらのほうには、静かで住みやすい中階層のマンションとか結構あるってのは言っとこうと思います。 そんな感じです。 湯島は。 じゃあ、またねー。

次の

湯島天神初詣レポ。元旦の参拝・御朱印の待ち時間や混雑状況など【2019

ここ から 湯島 天神

東京の代表的な天満宮であり、学問の神様として名高い「菅原道真」をまつる湯島天神。 「湯島天神」は通称で正式名称は「湯島天満宮」です。 また境内の梅の花が有名です。 そんな湯島天神までのアクセスとして、近場なら電車や車などがありますね。 遠方なら新幹線、飛行機や高速バスなど。 「できるだけ安く済ませたい、お金はかかってもいいから最短ルートで行きたい、一番面倒じゃない交通手段は?」 それぞれのルートを比較するため、あの手この手で調べまくる人も多いはず……。 シーズンによっては飛行機のほうが安い時期もありますが、 楽な行き方なども考慮すると新幹線がおすすめです。 シーズンによっては飛行機のほうが高い時期もあるので、 繁忙期は新幹線のほうが安いかもしれません。 以上、各方面からの交通手段を比較してご紹介しました。 家族や友達など、大人数で行く場合は車がおすすめですよ。 気をつけるべきは帰りの時間 車以外の交通手段は、 最終便の時間に気をつけてください! 新幹線は東京駅までの時間が20分くらいかかるため、 終電の1時間半前。 飛行機は余裕をもって3時間前くらいに出られるようにしておきましょう。 車で行く人必見!駐車場を確保する裏ワザ 車で行く場合、駐車場に困りますよね。 湯島天神のような人気観光スポットの場合、周辺の駐車場はほぼ満車状態です。 そこで便利なのが 「akippa(あきっぱ)」。 駐車場を事前に予約できるサービスです。 14〜30日前から予約ができるので、当日現地で探し回る必要はありません! また、すべて最大料金がある駐車場です。 湯島天神周辺のakippa駐車場を、ぜひ利用してみてください。 土日祝日は混雑しやすいので、 ご予約はお早めに! まとめ 自分にとって一番適したアクセス方法で湯島天神へ行って、思う存分楽しんでくださいね! 駐車場の関連ページ.

次の