教授 質問 メール。 教授への質問メールについて

教授へのメール|書き方・返信方法・マナーを文例付きで解説!

教授 質問 メール

・ 大学の教授へのメールはPCメールから送る 大学の教授へのメールはPCのメールから送りましょう。 携帯電話のキャリアメールから送信すると、迷惑メールフィルターに引っ掛かってしまい、きちんと届かない恐れがあるからです。 また、レポート提出やレジュメの配布など添付ファイルをやり取りなどする時に携帯ではうまく受け取れないこともあります。 入学時に支給された大学のメールアドレスを使うのがもっとも良いですが、理由があってフリーメールのアドレスを使う場合には、Yahoo! メールやGmailなど大手のメールアドレスを活用しましょう。 大学教授へのメールの書き方 それでは、実際に大学の教授にどのようにメールを書けばいいかを見ていきましょう。 件名では要件をまとめて書く まずは件名で要件が一目見てわかるように書きましょう。 「いつ」「誰が」「何を」「どうするのか」をきちんと押さえておくことが大切です。 例えば、オフィスアワーの予約を取りたい場合には「3月3日(火)15時のオフィスアワーの予約について(経済学部2年 佐藤一郎)」といった形で書きます。 教授のもとには毎日たくさんのメールが届いています。 件名でメールの内容を把握できることは忙しい教授への配慮として大切なことです。 件名を書き忘れると迷惑メールとして読んでもらえなかったり、PCのメール設定によっては自動的にはじかれてしまったりこともあるため、件名はしっかりと書いておきましょう。 メールの最初には宛名を書く メール本文の最初には「〇〇先生」と宛名を書きましょう。 普段の友人宛てのメールではわざわざ書くことはないと思いますが、本文に宛名を書くのは社会に出てからのビジネスマナーとしても必須なものですので、この機会に身に着けておきましょう。 また、間違いメールでないことを相手に伝える意味合いもあります。 挨拶文を入れる 宛名の次には挨拶文を書きます。 大学生から教授へのメールでは「お世話になっております」がどのような場面でも使えて便利ですので覚えておきましょう。 丁寧に書こうと思うあまり、手紙に書くような長々とした挨拶は不要です。 自分の所属と名前を書く 次に自己紹介の文章を書いておきましょう。 「経済学部経営学科2年の佐藤一郎(学籍番号123456789)と申します」など、学部・学科・学籍番号を添えると、自分が何者かが教授に伝わりやすくなります。 特に大人数の授業の場合、教授が学生1人1人を記憶するのは難しいことがあるので、シンプルかつ明確に伝えます。 要件はシンプルにまとめる 要件はシンプルに「いつ」「何が」「どうしたのか」を押さえて伝えましょう。 また教示に何かを求める場合にも「いつ」「何を」「どうしてほしいのか」を明確に示しましょう。 例えば、オフィスアワーの時間を設定してほしい場合は、「3月3日(火)15時に授業内容についてお聞きしたいことあり、オフィスアワーの予約を取りたいと考えています。 〇〇先生のご都合はいかがでしょうか」などとまとめます。 結びの言葉を書く 本文の最後には締めの挨拶文を書いておきます。 基本的には「よろしくお願いします」を添えれば問題はありませんが、もう少し丁寧にするならば「よろしくお願いいたします」や「お手数をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします」「お忙しい中恐縮ですがよろしくお願いいたします」などのバリエーションがあります。 署名を設定しておく メール本文の最後には署名を付けます。 一回一回書くのは手間ですが、メールに署名文を設定することで、自動的にメール本文の最後に署名が付くように設定できます。 ぜひ設定しておきましょう。 大学の教授へのメール例文 大学の教授へのメール例文をいくつかの要件に分けて挙げてみます。 ぜひ参考にしてみてください。 教授とオフィスアワーの予約を取るとき 件名:3月3日(火)15時のオフィスアワーの予約について(経済学部2年 佐藤一郎) 本文: 〇〇先生 お世話になっております。 経済学部経営学科2年の佐藤一郎(学籍番号123456789)と申します。 3月3日(火)15時に授業内容についてお聞きしたいことあり、オフィスアワーの予約を取りたいと考えています。 〇〇先生のご都合はいかがでしょうか。 よろしくお願いします。 経済学部経営学科2年の佐藤一郎(学籍番号123456789)と申します。 6月6日の2限経済学概論で出されたレポート課題について2点質問があり、ご連絡いたしました。 図と表どちらを使うのがレポートの形式として適切でしょうか。 参考文献はあるでしょうか。 以上2点について、お忙しい中恐縮ですが、ご回答いただけると幸いです。 よろしくお願いします。 しかし多くの大学教授は忙しい中でも学生を積極的に支援したいと考えています。 ぜひマナーを守ったメール方法を身に着け、教授と積極的に連絡を取って有意義な大学生活を送ってくださいね。

次の

「教授へのメール」書き方とマナー!お礼の返信や謝罪の例文も

教授 質問 メール

日本の大学は基本的に学生や教授に学校用のメールアドレスが配布されています。 そのため、教授や先生は基本的に学校のメールアドレスで仕事や学生に対してやりとりしていることが殆どです。 そういった理由から、できるだけ個人で使用しているメールアドレスは使用しないようにしましょう。 無断で連絡してしまうと送り先の教授や先生を不快にさせてしまったり、メールを見落とすことになり返信が届かないといったトラブルを起こしてしまう可能性があります。 大学に属している教授や先生は、色んな人々とメールアドレスなどで連絡を取り合っています。 そのため、分かりやすい内容で伝えることはなるべくはやく返信をもらうため以外にも円滑なコミュニケーションをとるために必要です。 内容をわかりやすくするのはなにも言葉遣いにこだわるだけでなく、適度に改行を入れるなどしても読みやすくすることができます。 送られる相手の立場になって読みやすくわかりやすい文章を送るように心掛けていくことで、社会に出ても円滑なコミュニケーションをとることができるでしょう。 これは大学だけでなく誰かしらにメールを送るうえでの基本的なマナーのひとつと言えます。 特に教授や先生は先にも触れたように多くの人と接しているわけですから、必ず身分を明かすようにしてください。 具体的な内容としては、氏名以外にも学年や学部といった所属を書き記します。 大切なのは一目で相手が誰だかわかるように意識することです。 身分に関してメールに記載するときは、必ず冒頭におくようにして、それから本題に入るようにすると相手にとって見やすい文章となります。 これは先に触れた「内容はわかりやすく」に共通したポイントとなっており、相手に対して物事を伝えるうえでも大切なマナーです。 学生と教授は異なる立場になりますから、できるだけ丁寧な文章を心がけましょう。 失敗例としてフランクな文章にしてしまったり、記号を用いてしまうことがありますが、これはマナー違反です。 目上の人とコミュニケーションをとっていることを意識して、丁寧な言葉遣いにするだけでなく正しい日本語を使うことを意識しましょう。 大学においてゼミは重要な科目のひとつであることから、教授や先生と学生が多く言葉を交わす内容のひとつでもあります。 そういったことから、ゼミに関して了解を得る際はその内容をしっかり明記しておきましょう。 教授や先生は多くの学生と交流しているわけですから、その内容を覚えていないことも多くありますので、了解を得る場合は詳しく内容を書くようにして了解を得えるようにしましょう。 先に紹介したゼミと同じように学生は課題に関して教授や先生と多くやりとりすることの多い内容です。 場合によっては自身の成績に大きく関わる内容になりますから、しっかりマナーを守るようにしましょう。 教授や先生によっては多くの講義を行っていることもありますので、より詳しい日時を書いておくとスムーズに質問の答えを得ることができるでしょう。 大学において教授や先生は忙しい身でありますから、突然の訪問は不躾になります。 そのため、あらかじめメールでアポイントメントをとるようにするのがマナーとなっています。 例文としては、「〇〇の件について研究室に訪問したいと考えております。 あくまでこちらの都合に合わせていただくわけなので、相手の都合が合うかどうか確認する意味合いを含んだ内容を送るようにしてください。 大学生活にとって課題の締め切りをまもれなかったり、単位を落としてしまったときなどの失敗をしてしまったときは教授や先生に対して謝罪しなければならない場面も出てきます。 そういったときの例文としては「〇〇といった理由で、締め切りが守れませんでした。 申し訳ございません」といった内容にすると良いでしょう。 どうして謝罪するのかについて自分の非を明確かつわかりやすく書き記すだけでなく、心を込めて誠意を持った謝罪の言葉を記すことが大切です。 こういった内容において返信を催促する場合に大切なのは、「どういった内容のものか」すぐにわかるようにしておくことです。 関連記事においては返信する際のビジネスマナーについて詳しく解説されています。 今後のやりとりしておいくうえでしっかりマナーを守れるように読んでおくと良いでしょう。 このケースの場合は、再度確認の旨を伝えるだけでなく、期限が迫っているなどの場合はそういった内容も丁寧に伝えておくことで相手に対して返信が欲しいことを伝えることができるでしょう。 内容としては、「先日にアポイントメントに関しての相談はご確認できましたか」といった確認から始まり、期限を伝えます。 それから伺うことが可能な日程を書き記しておきましょう。 このとき、一日だけでは相手の都合がつかないこともあるので、複数の日時を伝えるようにすることで、相手に猶予を与えてあげてください。 正しいマナーを理解して大学教授とのメールのやりとりをスムーズに行おう! 今回は、大学において教授や先生とのメールをやり取りする際のマナーについて詳しく解説しました。 内容はケースバイケースではありますが、基本的なマナーを守ることでスムーズな返信を行えるようにしましょう。 まずはしっかりマナーを理解して、円滑なコミュニケーションとしてメールを活用してください。

次の

英語で教授に質問&お礼のメールはどう書く? 留学中に役立つ!実際に使える例文集と送り方

教授 質問 メール

大学生・大学院生の皆さん、授業でお世話になっている教授(先生)にメールを送る機会があるでしょうか。 その時に、あれ、これってなんて書けばよいのだろうと手が止まることはありませんか。 実は、その教授宛てのメールの中で使っている敬語や礼儀のルールが使えているか否か、教授に見られています。 ここでは、大学で学ぶ最低限抑えなければならない、目上(ここでは、教授)に対するメールの書き方と、教授から送られてきたメールに対する返信文の書き方を伝授します。 教授に見られてる!?メール・返信でのあれこれ、分かってますか? では、さっそく教授に送るメールのあれこれを説明します。 このポイントさえおさえておけば、メールマナーがマスターできることでしょう。 教授にも丁寧なメッセージを送ることができます。 そして、一番大切なのが、相手をつまり教授を思いやる文が必要です。 「お忙しいなか失礼します。 」などと、教授の状況がわからずとも必ず入れる項目です。 それによって、読む教授からの印象も良いです。 そして、2行ほど空けて、〇〇学部(複数の大学に赴く教授には大学名も)・〇〇学科・学年・組・学籍番号・自分の氏名を見やすいように気をくばりながら書くことが重要です。 どれほど親しい教授であっても必ず記載しましょう。 どれほどあなたが悪いと感じているかを伝えましょう。 直接謝罪できないのであれば猶更言葉を丁寧にしましょう。 もちろん、翌週行けないことが分かっているのであれば、前の週の授業時に伝えるのが賢明ですが。 だらだらと長いメールを読むと、ただでさえ忙しい教授からすると要点を理解する前に読み疲れてしまうでしょう。 簡潔に伝えたいことを書きましょう。 いつ、どこで、どのような理由でそれをお願い・謝罪しているのかを書きましょう。 もちろん、件名にも明記しますが、本文にもしっかりと毎回明記するようにするのがマナーです。 この名前を名乗るのはビジネスメールでも同じことで、目上の人に送るメールもビジネスメールとほぼ同じように送るのが一般的なマナーとされています。 面倒だと感じる人もいらっしゃることでしょう。 しかし、どこの誰なのか分からなくなってしまいますので、必ず明記しましょう。 締めには、必ずあなたの所属を改めて書きましょう。 その下に教授の名前を改めて書きたい、そう思うでしょう。 しかし、それは大変失礼なこととなります。 自分の名前の下に書くことは教授に対して大変失礼なことです。 これこそ掟!メールルール 使ってはダメなNGワード いくら文章が良くても、教授に対してのメールは友達に対するメール感覚ではいけません。 例えば、「~だ、~でしょ」など教授は友達ではありませんのでやめましょう。 時折、授業内で「~でしょ」と教授に対して話しているのを聞きますが、決して良くありません。 また、「だと思いまーす」など伸ばすのも決して好まれません。 非常識ですので使わないようにしましょう。 さらに、一番NGなのが絵文字です。 感情を表すのにとても便利な絵文字ですが、教授に対して送るメールでは不釣り合いな手段です。 たとえ親しい間柄だったとしても、決して使わないようにするのがマナーとされています。 これは、教授に対しての尊敬が無く思われたり、軽はずみであると思われてしまいます。 教授へのメールに使うアドレスは? 「いつもの」は絶対NG! メールはちゃんとしたプロバイダのアドレスで出すようにしましょう。 大学からOOO@OO. OOO. jpというアドレスをもらっているはずですので、そこから出しましょう。 その大学の教授であれば、教えてくれている場合がありますので、その大学のアドレス経由の教授専用アドレスへ送信しましょう。 それが不可能な場合でも、せめてGメールやyahooメールで送るようにしましょう。 そして必ず忘れてはいけないのが、PCから返信されてくるメールをきちんと受信が可能であるように設定しておくか、必ず確認しておきましょう。 もし送って教授が返信してくださったのに見れなかった、受信できずはじいてしまったなどがあれば、それは教授に大変失礼とされています。 迷惑メールの設定をしている人は設定を注意しておこう 迷惑メールが来ないように受信設定をしている人は多いですが、その設定を変えないままにしていて、教授からの返信を拒否したら非常に失礼に当たりますし、重要な連絡が取れないなんてことにもなってしまいます。 どうしても大学のアドレスから無理な時は? どうしても大学のアドレスが無い、または使用できず教授にメールしたいのに困る、という場合にはgmailやyahooでアドレスを作成しましょう。 その際には、通常のアドレスでたとえアイドルの名前やかわいい言葉を使っていたとしても、教授に送る際のアドレスなのですから常識の範囲内で作成するように心がけましょう。 ヒントとしては、名前を使うなどです。 個人情報がと感じるでしょうが、教授やのちの就職活動でしか使わない、という風に決めてしまえば漏洩にはつながらないでしょう。 教授へのメールの返信の例文 教授へのメールの基本をおさえてきたところで、ここで教授へのメールの返信の例文をいくつかご紹介いたしましょう。 ご確認のほど、よろしくお願いいたします。 jp シーン別の教授からのメールの返信の仕方は? お礼や返信が必要な場合はこんなとき! 言うまでもありませんが、教授から一通目が来た場合、つまりはあなたから送っておらず教授からの突然のメールの場合には、必ず返信しましょう。 「お知らせいただきありがとうございます。 」などを文頭に添えましょう。 当たり前ですが、教授からのメールであるため、あなたが誰なのかは当然分かっているでしょう。 しかし、そうであっても必ず所属を記載しましょう。 また、教授からのメールが2通目であっても内容がお伺いを含むものである場合には、返信が必要です。 例えば、「いつが都合いいですか」「いつ来れますか」などです。 その場合には、忙しい教授がわざわざ聞いてきてくれているのですから、必ず返信をしましょう。 しないと、お互いのなかに齟齬が生まれてしまいます。 気を付けましょう。 また、「~でいいですか」などの場合には、賛否・有無をきちんと返信して伝えてください。 返信が必要ないやアポを取りたい場合は? 返信が必要な時は分かりやすいですが、教授が几帳面で送ると必ず返信してくださる場合には大変困惑します。 その場合の対応をお教えします。 」など、あなたのことを気遣って書いてくれている場合には、「わたくしも~。 あいがとうございます。 取り急ぎ失礼します。 」などと締めを付けて、返信をするようにしましょう。 ですが、「では〇〇日に」などと書かれている場合には、返信は不要です。 なぜなら、その「~に」に終わりの意味があるからです。 またあなたが返信してしまうと、教授がまた返信しなくてはならなくなってしまったり、返信すべきか迷ってしまうので必要ないです。 逆に、蛇足になってしまうので注意しましょう。 それでも迷う場合にはコレ でもやっぱり「返信したほうがいいのかな。 」「返信しないほうがいいのかな。 」と迷ってしまった時の万能のメールでの一言があります。 「ご返信いただきありがとうございます。 失礼します」この一言です。 これは、受け取った教授に不快感も義務感も与えないので便利です。 そのうえ、お礼を述べているのでより丁寧なあいさつができると喜ばれることでしょう。 レポートの提出など遅れてしまった場合 レポートの提出期限など、どうしても期限が過ぎてしまう場合もあるでしょう。 その場合は、教授へのお詫びのメールを送るようにしましょう。 何も送らずに遅れてしまったことを事後報告されるとあまり印象はよくありません。 そして、メールの本文は、冒頭に教授の名前と「いつもお世話になっております」との一言を添えます。 学部名や学科名などの記入は忘れずに!締めはお詫びの言葉を その後は自分の学部名や学科名、所属を明記しましょう。 自分の学科などを明記できたら、遅れてしまった用件を簡潔に伝えるようにしましょう。 ダラダラと謝罪文を書かれても、教授としては迷惑な話ですので、『伝えたい用件』と『遅れてしまう理由』と『いつまでにできるのか』そして最後に『お詫びの言葉』を添えましょう。 教授へのメール専用?! 教授に分かりやすいメールを送ることができるように注意すべきポイントの1つが、メールソフトです。 大学で共通のものがあればそれを使いましょう。 メールソフトで自分の名前は必ず設定しておくといいでしょう。 アドレスだけでは誰からのメールか分かりません。 携帯メールの場合は自動的にアドレスから電話帳の名前に変えてくれますが、パソコンの場合はそうではないので、パソコンでやりとりする場合はちゃんと設定しておいて下さい。 教員は学生からメールをもらっても、アドレスを見ても誰なのか分かりません。 またアドレスにも気をつけて下さい。 英語圏の教授には?! 敬称は必ず「Prefessor」とつけましょう。 称号として使う場合文の途中であっても先頭のPは大文字にします。 「Professor Richardson」のようにです。 また称号として使う場合は「Prof. 」と略すことはしません。 英語のメールでは書き出しの一行を頭語と言いますが、そこに相手の名前を入れます。 「Dear Professor Woodruff」とか「Hello Professor Woodruff」「Hi Professor Woodruff」というようにします。 「Dear」を使うのがフォーマルな書き方で、「Hello」や「Hi」などはややくだけた言い方になります。 締めくくりの文は結語と言います。 学生が教授に宛てたメールで使う場合は、「Sincerely」「Regards」「Best wishes」「Yours」などを使えば良いです。 教授へのメールの返信は必要なの? メールだけでは伝えにくい事柄について聞いたり、資料を示しながら話を聞きたいときに先生を訪問したいと伝えたいときはありませんか。 また、どんな返信をしたらいいのかわからないという時もあるでしょう。 そんなときには、教授にまずフォーマットにのっとってメールをして聞きたいことを伝えます。 それについて教授から分かったなどの返信が来た場合には、その返信にお伺いしたい旨を書いて返信をします。 その返信に対して返信が来たら、教授の都合が良いときはいつかという伺いを書いて返信しますが、ここで必ず自分が絶対行ける日を3~5個書いて返信します。 そうすることで教授がその日程の大丈夫な日を教えやすいだけでなく、メールの送信・返信を減らせるという効率性もあります。 教授へのメールの返信をする時間帯は? 深夜の返信はNG!なるべく日中に送るようにしましょう 目上の人に送るメールにしても、ビジネスメールにしても、一般的に深夜にはメールを変身しないのがマナーです。 もし、夜遅くにメールを返信しなければならない事情があるのであれば「夜遅くのメールとなり、申し訳ありません」と一言添えるようにしましょう。 一言添えたからといって、一般的には非常識なことですので、なるべく使わないようにしましょう。 曜日にも注意しておこう 教授も毎日大学へこもっているわけではありませんから、当然休日はあります。 休日はどの人も休んでもいい日なので、休日のメールの返信は控えるようにしましょう。 もし、どうしても送りたい場合は「休日のメールとなり、申し訳ありません」と一言添えましょう。 この休日の緊急的な返信方法も、緊急時に使用しますので、普段から使わないように注意しておくことが大切です。 マナー良く返信して教授とのコミュニケーションを取りましょう 教授に対してのメールは、どんな内容のものであっても礼儀やルールがとても重要です。 敬語もやはり大切です。 常に日常から教授に対する言葉遣いがしっかりしている人は、メールのフォーマットを学べばよいでしょう。 また追記ですが、短すぎるメールも良くありません。 さっさと終わらせたい感じを教授は受けます。 ですので、きちんと詳細に伝達事項を書いていればある程度の文量になります。 また、読み易さを考慮して句読点の数にも注意しましょう。 少なすぎると齟齬につながりますが、多すぎても読みづらくなってしまいます。 言葉の選択も大変重要です。 相手は知識ある教授ですが、難しい言葉を使わず分かりやすい伝わりやすい文章をもってメールを送りましょう。 なによりも、正直慣れが大切です。 就職前に学んでも遅いので今から覚えておきましょう。

次の