第5章 情報モラル教育:文部科学省

モラル 情報

著作権や情報モラルの疑問に答えます。 1つは、「情報社会における正しい判断や望ましい態度を育てること」である。

7
」,「新聞等で問題となっているのでやらなければいけないと思っていても,具体的にはどのように実践すればいいか分からない。 低学年時期より段階に合わせた指導内容を構築し、指導者側も正しい知識を持ち合わせ適切に指導を行いたいものです。

情報モラル教育とは? ICT上の道徳教育

モラル 情報

画像や詳しい個人情報を掲載できる。 <音楽> 作曲や編曲など、音楽に関する著作権について、他者の権利を大切にすることが必要である。 2 情報の受信 安全なホームページの見分け方として個人情報の取扱い方を明記しているかの有無(プライバシーポリシー)を確認する必要がある。

自分の考えを仲間に発表するなどの学習場面が考えられ、その場合の資料の利用ルールや、人の考えや表現内容を引用する場合の約束事などを考えさせ、守るようにすることなどの情報モラルの指導が必要である。 例えば国語では、「伝え合う力」や「コミュニケーション能力」を身につける指導が行われている。

【情報モラル・マナー】授業・学級づくり:Y・Y NET

モラル 情報

第2に示す内容とは、「主として自分自身に関わること」「主として他の人とのかかわりに関すること」「主として集団や社会とのかかわりに関すること」の4つの内容である。

情報社会のルール・法律を知り、遵守する• 」,「自分自身にも情報セキュリティについての知識と技能を身に付けたい。

情報モラル教育実践ガイダンス:国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

モラル 情報

主として自分自身に関わること• 「情報モラル指導実践キックオフガイド」 上記の事業で作成された情報モラル教育のガイドブックです。

12
本章では、平成20年3月に告示された学習指導要領の内容を踏まえ、発達の段階に応じた情報モラル教育の必要性や具体的な指導について記述する。

情報モラル教育 指導案、資料及びリンク集

モラル 情報

自分の作品を大切にすることをとおして、他者の作品も尊重することができるように指導したい。 学校や地域、家庭で情報モラル教育を推進する上で、これらの実情を知るとともに、情報社会での児童生徒の行動や状況を知ることは非常に重要である。

「face to face」「距離の近いコミュニティ」ではない環境だからこそ、より注意をはらったマナーやモラルが必要になります。

【情報モラル・マナー】授業・学級づくり:Y・Y NET

モラル 情報

ビデオ「5分で分かる情報モラル」 情報モラル教育の必要性と教育全体での位置付け,指導方法などを,約5分の映像で分かりやすくまとめたビデオです(文部科学省制作)。 情報セキュリティの基本を知り対応できる• 第3節具体的な指導内容 1.小学校における指導内容 <国語> 各学年において「A話すこと・聞くこと」、「B書くこと」、「C読むこと」を通じて情報を収集することや、知識や情報を関連づけるなどの学習が含まれている。

20
もう1つは、「情報社会で安全に生活するための危険回避の理解やセキュリティの知識・技能、健康への意識」である。

KDDIの情報モラル講座

モラル 情報

<総合的な学習の時間> 情報活用の実践力の育成を伴うような実践事例を中心に紹介する。 情報ネットワークの利便性に目を向け、情報化の進展によって人々の生活の向上が図られていることを具体的に調べ、情報を有効に活用しながら生活する必要があることや、情報の送り手として発信する情報に責任を持とうと考える活動がある。 文部科学省のガイドラインによると以下の指導項目が情報モラル教育の最初に学ぶべきポイントとして挙げられています。

それらのことを基盤として、電子メールや掲示板での適切な表現を指導することも可能である。 インターネットやパソコンの言葉、単位について説明しています。